パスワードを忘れた? アカウント作成

ランボルギーニとMIT、ボディをカーボンナノチューブでバッテリー化するコンセプトカーを発表」記事へのコメント

  • ブレーキどうするんだろ。
    回生ブレーキだけじゃ心許ないし。
    サイドブレーキとか。

    あとはバネ下荷重(ryとか。

    • Re: (スコア:0, オフトピック)

      by Anonymous Coward

      サスペンションの挙動はバネ下重量増を無視してもかなり面倒です。

      普通の車のように駆動トルクの反力をデフ(デフ一体の横置きトランスミッション含む)で受ける場合はノウハウがたっぷりあるので対応は簡単なのですが
      反力をアップライト(ナックル)で受けなければならいないインホイールモーターは駆動力によるサスペンションの挙動の変化が今までとは別世界なので
      とっても面倒なことが起きます、というのが論文になってます。
      それに真面目に対応するくらいなら左右独立モーターでもドライブシャフトで駆動した方が楽だろうなあというレベルでした。

      また、変速機を仕込むことが事実上不可能なため、モーターを効率良い所で使うのが難しいのと最高速度と発進時の駆動力が両立させるとモーター出力が過剰になって無駄という問題も出てきます。

      セブンイレブンに停まってるcomsレベルならいいのですが、それ以上を目指すには向いてない技術です。

      • by Anonymous Coward

        プラスモデしようと思ったが、論文の参考先が無いので、やめた

        • by Anonymous Coward on 2017年11月13日 23時27分 (#3311653)

          えーめんどくさいなーと思いつつ調べたら、別の論文とごっちゃになっていて、正しくないことを書いてました。
          ごめんなさい。
          上のはマイナスデモで沈めてください。

          インホイールモーターは振動の話でした。

          モーターの回転トルクは決して一定ではなく脈動があるが、発進時はその脈動の周波数がレシプロエンジンでは発生しないほど非常に低く、かつそれでホイールを直接駆動してしまうので色々めんどくさいという話でした。
          対策も載ってましたが、そこまでやるならドライブシャフトつけちゃえば?という感じはそのままです。

          自動車技術 Vol.70 2016年7月50ページ インホイールモーター者特有の振動課題の事例紹介  

          普通の書店では売ってないので普通の図書館にはおいてないと思います。

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

処理中...