パスワードを忘れた? アカウント作成

米国で耐震設計が普及しない理由は、大地震の発生頻度が少ないから」記事へのコメント

  • もしかしてアメリカの建物が爆破解体できるのも強度が日本のより弱いからなのかな?
    ワールドトレードセンターがジェット機の衝突と火災で倒壊したのも強度がひくいから?
    おしえてえらいひと

    • by Anonymous Coward on 2019年06月12日 16時44分 (#3632208)

      日本国内の事例 [wikipedia.org]にある幽霊ビルの爆破。テレビで見たけど、大成功と言いつつ海外のやつみたいに粉々には崩れずに横倒しになってた。失敗したとは言えないんだなぁ、とか子供心に思いながら見てた。

      • by Anonymous Coward on 2019年06月12日 16時53分 (#3632217)

        > ちなみに、爆破解体計画が持ち上がった当初は周辺住民からの反対運動もあったため、業者がわざわざオーストラリアに住民を招待し実際の解体現場を見せるなどして説得にあたったという。また、法規制の問題などもあり、少量の火薬でビルを倒壊できるよう、琵琶湖側に横倒しする方法を選んだという。
        その後にって書いてあんじゃん

        海外の事例は粉々に砕いてるんじゃなくって下を砕いて内側に落としていくとか
        上から順々に砕いて行って真ん中に落とすとか考えてるんだろうけど普通に倒す解体もあるよ

        • by Anonymous Coward

          TV番組の構成として「横倒しにしまーす」と言って横倒しになったんだったとしたら、子供心にも大成功だという印象が残ったと思うので、よっぽど酷い番組だったんですかね。

      • by nim (10479) on 2019年06月12日 23時11分 (#3632473)

        幽霊ビルの爆破解体、学校サボって見に行ったなあ。

      • by Anonymous Coward

        記事中にある軍艦島の件のニュースは覚えているな

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

処理中...