パスワードを忘れた? アカウント作成

セミ成虫の寿命1週間説は俗説、笠岡高校の3年生がこの調査で生物系三学会最優秀賞を受賞」記事へのコメント

  • 実はセミが1カ月くらい生きているというのは学会ではとっくの昔に証明されている定説で、学生による追検証を先生方が生暖かい目で持ち上げてくれているだけ……という可能性を考えてしまった。

    • by Anonymous Coward on 2019年06月20日 19時35分 (#3637310)
      • by Anonymous Coward

        最優秀賞といっても高校生の部なので

        セミは成熟が遅く、寿命が一週間だと繁殖できないんだと

        • by Anonymous Coward

          光ファイバーに産卵しちゃうからなおさらかな
          今年の夏はどこで被害が出るやらやら

      • by Anonymous Coward

        映画「八日目の蝉」の上映時にも少しだけ話題になりましたね、「セミの寿命は7日よりも長い」ってのは。
        だから別に”7日ではないというのは新発見”ではないのはアカデミア側はみんな分かってやってるよね。

        で、それはそれとして、手法とかまとめ上げ方とかに価値があるから賞が与えられたわけだ。
        新発見でないことにブチブチ言ってる人はよーわからん。

      • by Anonymous Coward

        最長だけでなく、平均とか取ってないのかな(厳密に死んだタイミングは分からないだろうけど)。

        大阪市立大学のページを見ると、一週間すぎくらいから「死」が増えてるし、「長生きするやつはいるけど大体一週間」であることから「蝉は一週間の命」と考えられるようになったのかなと思った。

        # もしかすると「鶴は千年、亀は万年」同様、「短く儚い」事を表しているだけなのかもしれないけど

        • by Anonymous Coward

          最後がよくわからない感じになったので補足。

          >「鶴は千年、亀は万年」同様、「短く儚い」事を表している

          「鶴は千年、亀は万年」…実際の寿命とは異なるがめでたいものの例えとして使われている
          蝉の寿命一週間説…実際の寿命の事ではなく「短く儚い」事を表しているだけなのかも

          • by Anonymous Coward

            これが「カゲロウは1日で死ぬ」になると、「はかなさを表している」と共に実態もその通りなんよな・・・(成虫になったら数時間繁殖チャレンジしてそのまま死ぬ。食事とかしない)
            「昆虫として」だと半年とか1年とか生きるらしいのでホントの意味で「寿命1日」ではないが(セミもそうだ)。

            #ウスバカゲロウは別の昆虫なので成虫になってからもエサ喰ってそこそこ生きるらしい

      • by Anonymous Coward

        引例では

        実際にはクマゼミ・アブラゼミで2週間ぐらいではないかと考えられてきました(中 尾, 1990).しかし...推定で,「成虫の寿 命は オスで17日,メスで30日ぐらいではなかろうか」とする意見もすでにありました(高田, 2003)....オスで最長20日,メスで最長30日という結果になりました.これらは自然状態で1ヶ月生きるという初めての証拠といえます.
         ただ,クマゼミの羽化はオスから始まり,後でメスが羽化するという習性があるため,「オスがメスよりも短命であるかどうか」については,もう少し 検討が必要になります

        なので、事例一個だけで、証明されている定説になっていたとまではいえないような。
        新たな発見ではないが、こういう事例(大阪でクマゼミ1ヶ月、広島でアブラゼミが32日間)を積み上げていって初めて定説として固まっていくものなんじゃないかな?

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

処理中...