パスワードを忘れた? アカウント作成

向精神薬が効いている時か効いていない時か「真の自分」はどちらか、Q&Aに注目集まる」記事へのコメント

  • もったいぶった言い方だけど、要するに「今の僕は本当の自分じゃないんだ」と言ってるわけだよね。
    人間一人が居なくなったところで、今日も地球は平常運転だという現実が受け入れられない。
    だからMMORPGや、異世界転生ノベルが流行るわけ。

    必要なのは、セルフ・アクセプタンスなんだろうな。
    ブッダだって、諸行無常と言っていたじゃないか。

    • by Anonymous Coward

      うーん、「精神的に健康な人にはこう見えるんだろうなぁ。」という見本だわ。

      精神疾患になってみて、薬物治療をするとわかるが、
      精神薬系って本当に性格が変わるレベルで効くんだよ。
      で、最初は生まれ変わったかのように楽になるけど、
      数か月が過ぎると「あれ、どっちが本物の自分?」ってなる。
      精神薬系は切れたら元に戻るどころか離脱状態にもなるし、
      それを含めて自己確立に不安がよぎるんだよね。

      こればっかりは「なってみないとわからない系」です。

      • by Anonymous Coward

        ああいや、「性格が変わる」という部分は否定していなくて。
        ドラッグ以外でも、人は車のハンドルを握ったり、飲み屋に行くだけで別人格が出るような。

        人格というのは一枚岩ではなく、複数のステートの組み合わせであって。
        交流分析 [wikipedia.org]なんか、はっきりとそれを前提にしている。

        • by Anonymous Coward

          自分の性格が変動していることを「これも自分である」と肯定的に受け入れられない人は多いと思うよ。
          あなたが例に出したものでも受け入れられない人が多い上に、
          ましてや、精神薬系の薬効という明確に線引きできる場合は特にね。

          だからあなたの意見は受け入れられない人が必然的に多くなる。
          これは理解いただけるかしら?
          あと茶化して最初書いたのが大失敗ね。

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

処理中...