パスワードを忘れた? アカウント作成

京急線の踏切で立ち往生したトラックが列車と衝突」記事へのコメント

  • 京急いわく、復旧作業は今日中に終わらせるって言ってるけどね。

    9月6日,(金)本日の運行について [keikyu.co.jp]

    復旧について9月5日(木)20:00から作業を開始しております。9月7日(土)始発までの運転再開を目指しております。

    9月6日(金)の運行計画について

    1.運休区間 京急川崎~横浜駅間 上下線

    品川駅から下り方面(京急蒲田駅方面)と横浜駅から下り方面(浦賀,三崎口駅方面)は17時から運転再開するも、通常の50%の本数にとどまるとのこと。

    • by Anonymous Coward

      障害物検知検知したら、自動で停車しないんだっけ?→自動化、AI化の是非うんぬん
      オーバーラン多いなって思ってたけど、京急やっぱスピード出し過ぎなのか?→電車に異様に詳しい人々の喧々諤々
      トラック運転手67歳って→高齢化問題、いつものロウガイ論争へ

      とかではないん?

      うちはYahoo,Google他のニュースで動かないとわかってたので、京浜東北線に乗って無問題でした。IT化万歳です。

      • Re: (スコア:2, 参考になる)

        by Anonymous Coward

        > 障害物検知検知したら、自動で停車しないんだっけ?→自動化、AI化の是非うんぬん

        120Km/hで走行中の電車が突然停止したら、乗客がミンチになりそう。
        そうするとだいぶ前に停止判断をしないといけないけど、そうすると遮断棒をくぐって無理矢理渡ろうとする人を誤検知というか過検知しまくって、頻繁に止まりそう。
        遮断棒の代わりにホームドアみたいな壁にしたら進入は防止できそうだけど、せっかちな人から文句出るのかな、やっぱり。
        今まで発生しなかったくらいレアケースで、乗客は軽傷で済んだのだから、今の脱線対策だけで十分という考え方も……。

        • by Anonymous Coward
          遮断棒をくぐって無理矢理渡ろうとする人はたとえそいつが悪いとしても検知して止まらないと轢いてしまうのでは?
          一般的な踏切は通過の30秒前から鳴り始める。30秒あればたとえ時速120kmでも1kmの余裕があり、電車は600mあれば止まれるはずなんだよね。
          例のトラックが鳴ってる踏切に突入したんでない限り、とっとと非常ボタンさえ押してればこんなことにはならなかったはず。
          • Re: (スコア:2, 興味深い)

            by Anonymous Coward

            600mルールがかつてあったけど、すでに廃止されてる。
            でも実際は340m前の信号でブレーキかけて間に合う設計らしいですね。
            340mで120km/hから停止できるなら、減速加速度は0.16Gぐらい、所要時間20秒。鉄道のブレーキはホント効かないね…。
            実際、乗客証言では20秒ぐらい警笛ならした後衝突、警笛中のブレーキはあまり感じ無かったそうな。まぁ0.2G未満じゃそんなもんかも。

            で、ここから分かることは、1個目の信号を見落とした(か動作してなかった)可能性が高い、ってことですかな。
            乗客証言の20秒ってのは多分信用ならないから、実際はもっと短かったのだと思う。

            非常ボタンは、押さなくてもセンサーが感知して信号赤にしてるので、問題無いはずです。
            実際、直前横断で赤信号になるのはセンサー検知。youtubeの電車車載動画とかで緊急停止してるのがけっこう上がってる。
            直前横断は比較的頻繁にあるようなので、もしかしたら運転手が慣れちゃってトラックを視認するまで非常ブレーキかけなかったのかもね…。(京急は信号目視で手動でブレーキかけるので。)

            • 340m前に踏切の障害状態を伝える特殊発光信号機が設置されていましたが、
              運転士がそれを視認してブレーキをかけるのはそれよりもっと手前です。
              https://toyokeizai.net/articles/-/301477?page=2 [toyokeizai.net]
              ここでは視認距離は260m、つまり踏切の600m手前でブレーキをかけることになっています。
              ちょうど、廃止された600mルールを前提にしたものですね。
              600mルールでは、雨天のもっともブレーキ条件が悪いときでも守ることを
              要求していたので、晴天時だともっと早く止まれることは事実です。

              なお、600mルールは廃止されましたが、600mで止まらなくてよくなったわけではないです。
              仕様規定から性能規定に変わったことによる廃止なので、同等の安全を保証できるなら
              他の方法でも良いというだけで、
              他の方法を提示できないなら今でも600mで止まれる必要があります。

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

処理中...