パスワードを忘れた? アカウント作成

高アルコール度数の缶チューハイに対し懸念の声」記事へのコメント

  • 酒税を種類とかでやるからこういうことになる。
    単にアルコール度数1%につき1%課税とかのシンプルなルールにしとけば、薄い酒ばかり売れるようになる。制度設計のミスだ。

    • by Anonymous Coward on 2020年01月14日 14時28分 (#3744781)

      一定の度数以上の条件はあるけど、種類だけで税率を決めているわけじゃない。
      酒税率一覧表(平成18年5月1日現在~)(PDF/195KB) [nta.go.jp]
      # 今回のは度数が9%前後だから、税率が高くならないように意図的に商品企画しているよね

      • by Anonymous Coward

        「税率が高くならないように意図的に商品企画」なんて当たり前のこと。
        自動車は3ナンバーになると税金が高くなる時代は3ナンバーサイズは高級車に限られた少数派だったけど、サイズによる課税区分がなくなると多くの乗用車が3ナンバーに。
        たばこの「エコー」は歴史的経緯で税率が優遇されていたけど、その優遇が廃止されると「紙巻たばこ」より税率の低い「シガー」にリニューアルすることで低価格を維持。

        イギリスでは自分で組み立てるキットカーが今でも売られてるけど、これも完成車の税金がくそ高かった時代に安く自動車を購入する方法として普及した名残りだそうだ。

        • by Anonymous Coward
          なおシガーは増税される模様
          最初からシンプルで合理的な税制にしとけば、節税のために技術を枉げる必要もないし、いちいちアドホックに増税する必要もないのにね
          • by Anonymous Coward

            増税に新製品で対抗するというのは古今東西にある現象で、それによって新しいジャンルが開拓されてきた面もある
            「技術を枉げる」と断じてしまうのは良くない

          • by Anonymous Coward

            プレミアムシガーなら、法的にどうこう以前になんか色々高くなってるのがこの10年くらいの状況ですが・・
            マシンメイドのダビドフミニですら倍近く上がってる。

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

処理中...