パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

障害者用スイカが来年3月から運用開始。自動改札で割引適用」記事へのコメント

  • 本人用のICカードには「障」、介護者用には「介」の文字が券面にそれぞれプリントされるとしている。

    • by Anonymous Coward

      第1種障碍者が介助者と障碍者割引で乗車する際は、
      駅員や改札に障碍者手帳を提示する必要があります。

      今回のニュースの肝はこの手間を省くため、障・介を記したICカードになるだけです。でなければ改札や窓口で乗車のたびに申告、という手順になりますが、どちらのほうが余計でしょうか?一日数回(行き、帰り)申告しますか?

      ちなみに私は第1種障碍者ですが、申告が手間なので近距離の場合は通常額を払って乗っています(JR・私鉄等)。

      市の政策で「福祉特別乗車券」というICカードも持っていまして、市の交通局の管轄では
      無料扱いですのでこちらを利用、要は2枚持ち。介助者用の「福祉特別乗車券(介)」とかかれたICカードも持っているので3枚持ち。

      ちなみに、

      • by miyuri (33181) on 2022年09月19日 23時35分 (#4329003) 日記

        今回のニュースの肝はこの手間を省くため、障・介を記したICカードになるだけです。でなければ改札や窓口で乗車のたびに申告、という手順になりますが、

        記さず、申告も不要で割引すれば済む話。
        不正利用に対しては、相応の処罰をすればよい。

        親コメント

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

処理中...