パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドとOSDN、閉鎖せず受け入れ先募集へ」記事へのコメント

  • こっちはまだ書けるのか。どういう違いなんだろ?

    • 白湯の方にheadlessさんが書かれていたのですが、削除されるそうなのでこっちに書いておきます。

      by headless (41064) on 2024年02月02日 13時36分 (#4602100)
      確認したところ、サイト上の権限で掲載可能であっても、法的には編集者が個人の判断で掲載してはいけないそうです。そのため、既にコメントが多数ついているので残念ですが、このストーリー自体も取り下げる必要がありそうです。

      by headless (41064) on 2024年02月02日 18時55分 (#4602123)
      いろいろ相談しましたが、残念ながらストーリーを削除するしかないようです。あと数時間はこのままにしておきますので、コメントを保存したい方はお早めにお願いします。

      だそうです。

      • 万一民法的にアウトであっても権限を行使する主体があやふやなので
        好きにやっていいのではという気もしますけどねえ。

        • by Anonymous Coward

          推測だけど、スラド編集部というところはOSCHINAからスラドの運営を委託されていたので権限を行使する主体、つまりサーバ設備の法的は所有者(賃借人)はOSCHAINAなのでは。
          そして、運営委託契約が無くなってもサーバにアクセスするのは計算機不正利用以外のなにものでもない。
          れっきとした刑事犯だと思いますが。

          • Re: (スコア:2, 参考になる)

            ストーリー本文に書いてある通り、スラド編集部はアピリッツとの契約により更新を行っていました。OSCHINA とはサーバー側の操作が必要な場合に編集部から作業を依頼するといった関係で、OSCHINA 側は編集部をスラドの運営主体とみなしているでしょう。インデックス更新停止の問題に対処するため、週に 1 回インデックスを再構築するスクリプトを書いてくれたのも OSCHINA のエンジニアです。

            現在の編集部はギャラが発生していないというだけで、受け入れ先公募チームのメンバーですし、実際にスラド上でアナウンスできるのは我々だけなので、ウェブ側からスラドのシステムにアクセスすることには問題ないでしょう。ただし、アナウンスは私が独断でしているのではなく、nagazou 氏と事前に打ち合わせしたうえでアピリッツと OSCHINA の 承認も得ています。

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

処理中...