パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

SMBC「簡単!やさしいセキュリティ教室」」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward
    よく銀行なんかで「行員が暗証番号を尋ねることはありません」と注意喚起とかされていますよね。
    それに倣って「ユーザのパスワードを尋ねることはありません」と注意喚起してはいるのですが、「長期間使ってなくてアカウントロックされた」ユーザにパスワードを覚えているかどうか聞くと時々、べらべらとパスワードを喋りだす人がいてガックリきます(もちろんそんなことしない人が大多数)。そしてそういう人は銀行でも暗証番号を喋ってしまわないかといらぬ心配をしてしまいます。

    こういう「ノーガード」な人をなんとかできないものか…。もちろんパスワードを覚えているかどうかの確認のしかたが悪いのかもしれないのですが、そうであれば一体どうやったらいいのか…。対面なら試しにその場でログインさせるという手もあるかもしれないですが、内線電話越しとかあったりするので…。

    --
    オフトピなので AC で
    • だからこその生体認証なのかなあという気がします。
      この場合、パスワードを覚えることすら不要にすることも
      できますね。

      うちの職場でも入り口に指紋認証があったりしますが、
      なにせ薬品使って指紋が薄いひとが結構いるので、
      結局誰かのID/PASS番号を使いまわしてテンキーで
      開けちゃったりするんで無意味っつー話も・・

      #暗証番号を忘れて引き出せない口座が3つもあるgesaku
      • 対象の価値によるんだけど、鍵破るために手首ごと切らて持っていかれたり目玉くりぬかれたりしそうとか、別のリスクがあってやだなぁ...
        • 数年前に吸収合併されてしまった某データセンタで説明を受けた話では、
          血流の認証は生きている状態でないと機能しないとのことでした。
          だからといって、なにも
          「手首を切られるなんて心配はありませんよ」と、
          嬉々とした顔で営業トークしなくても・・と思ったことを思い出しました。
          • by kawaz (15398) on 2005年12月08日 14時16分 (#844720) ホームページ
            犯罪者にはそんなことは関係ないですよ。

            例えば運悪く質の悪い犯罪者に拉致られてしまったとしよう。

            犯人:「金庫の鍵を出せ」
            男:「鍵は無い。静脈認証と網膜認証で開くんだ。」
            犯人:「じゃ、手首を切り落として、目玉をえぐってやる。」
            男「死んだ手や目玉では認証できないんだよ。だから止めてくれ!」
            犯人:「空かないかどうかは試せばわかることだ」ズバァ!(手首を切り落とし、ついでに目玉も抉り出す音)
            男:重症or殺されて捨てられる…。
            犯人:「ちっ、開かねーな。取り合えず逃げるか。」手首&目玉はゴミ箱に

            そんなシナリオが容易に浮かぶんで生体認証は怖いなぁと思うわけです。
            情勢によってはそういうリスクはやはり無視できないかと。
            親コメント

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

処理中...