パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

コミック全ページを無断配信していた 464.jp 遂に逮捕」記事へのコメント

  • 漫画喫茶 (スコア:4, すばらしい洞察)

    漫画喫茶という職業自体が他人のふんどしでお金を得ているようなものだからなぁ。
    その辺も含めてちゃんと著作権法をなんとかせな。

    #物理レイヤ以外はどーでもよい日本ってのもそろそろやめようよ
    --
    kusanagi shin
    • 利用者の立場からすれば、漫画喫茶というものは時間をつぶすためにあるものであって、漫画を読みにいくようなところではなかったりする。もしも著作権法改正が改正されて利用料が徴収開始になったとして、それが原因で漫画喫茶の利用料が値上げされたら、漫画喫茶がそっぽを向かれるのは明らか。漫画喫茶そのものが滅びてしまうだろう。

      それを知っているからこそ、漫画喫茶のオーナーは利用料徴収に関して大反対なわけ。

      金を取るにも、相手が死んでしまったら取れるものも取れなくなるということには気をつけなくてはならない。

      そういえば、漫画喫茶からの利用料収入の見込みって発表されていたっけ? 私は寡聞にして知らない。どうせスズメの涙程度なのだろうが、それでも収入が欲しいと言っているところに、今の出版業界の悲惨さというものが現れているのであろう。
      • Re:漫画喫茶 (スコア:3, 興味深い)

        by kusanagi (3927) on 2006年02月14日 15時47分 (#883308)
        うーんと、収入とかの話はとりあえずおいておいて。
        問題なのは業者であれ、利用者であれ時間をつぶすための物でも、著作物を利用して楽しんでいるという意識改革が必要なんじゃないかってこと。

        これが本という物理的なものに固定されていると考えるのが今の現状にあわなくなってきているんじゃないかなと。
        だから、本を買ったから立ち読み感覚でWebで公開したという発想になるんじゃないかな。

        雑誌->単行本->SCANした画像と物理媒体が変わっても情報としてマンガを扱う必要があるんじゃないかなと。

        その部分の線をちゃんと引けるのは著作権法以外ないとおもうですがねぇ。
        --
        kusanagi shin
        親コメント
        • by T_KATA (28061) on 2006年02月14日 18時07分 (#883391)
          著作権法って、著作者を保護するんじゃなくて著作物を商売のねたにしている人たちの利益を守る物になっているような気がします。
          著作者から著作権を譲り受ける(剥奪する?)なんてことができること自体「著作権」じゃないだろうとか思います。
          いっそのこと「著作権」と「販売権」とかにしてくれればわかりやすいのに。
          親コメント
          • Re:漫画喫茶 (スコア:1, 参考になる)

            by Anonymous Coward on 2006年02月14日 20時31分 (#883469)
            >いっそのこと「著作権」と「販売権」とかにしてくれればわかりやすいのに。

            本の場合は、「著作権」と「出版権」にきっちり分かれてます。出版社が持ってるのは出版権の方ね。
            これがCDとかになるとどちらも「著作権」で処理してるからタチが悪い。
            親コメント
            • by Anonymous Coward
              「著作隣接権」もあります。著作者じゃない人に与えられる権利で著作権とは別物。レコード,CDは著作権に加えてこちらの縛りもあります。
          • by Anonymous Coward
            まぁとりあえずもちついてWikipediaの著作権の項 [wikipedia.org]でも嫁。

            普通は「著作人格権」と「著作隣接権」とか言う。また、たまに「著作人格権を行使しない」といったことを求める規約があるが、あれは「何があっても当方を訴えるな」といったのと同じで実際に紛争になったら無効だと思われる。
          • by Anonymous Coward
            > 著作者から著作権を譲り受ける(剥奪する?)なんてことができること自体「著作権」じゃないだろうとか思います。

            著作権法では「著作者人格権」と「著作権」に分けられていて、ご丁寧にも前者は一身専属で譲渡不可能であるとも書かれています。知ってました?

            > いっそのこと「著作権」と「販売権」とかにしてくれればわかりやすいのに。

            強いて文句をつけるなら名称が紛らわしいことくらいでしょうが、通常の日本語能力を持っていて著作権法を読めば(法律家でなくても)区別はつくはずです。サルでもわかるように後者を「著作財産権」とかわざわざ著作権法の条文にもない用語で呼ぶ場合がありますね。

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

処理中...