パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

新ゲーマー層がゲーマー人口の中心へ?」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward
    先日発売されたばかりの「スマッシュブラザーズX」は、Wiiの持つ3D表現や、容量をフルに使った作品だと思いますが、やっぱり売れています。
    技術力がどうとかシンプルさがどうとか言うのではなくて、結局、今の任天堂の戦略(コンセプト)が市場ニーズを捉えていたに過ぎないのではないでしょうか。

    プレイステーションが爆発的に普及した時は市場ニーズが(当時で言えば)そこそこ性能重視に寄っていたというだけの話です。
    SCEIはうまくニーズを捉えていたのに、「そうか、ゲームは性能か」と勘違いしてしまったのが敗因ではないでしょうか。
    • まさにその通りだと思います。

      FF7以降、コアゲーマーに3Dグラフィック重視のゲームがうけたために、
      PS2時代になってもグラフィック重視でその分他を削ったようなゲーム(いわゆるムービーゲー)を粗製濫造したことが、
      PS2時代後半のゲーム市場の停滞の一因ではないでしょうか?

      もう一つ大きな理由は、操作系の複雑化&固定化による、初心者のとっつきにくい環境の形成ではないかと思います。

      PS3やPSPはその流れをそのままに、高スペック&見た目の良さを追求し、
      コストフォーマンスや操作性、要求環境などが大きく疑問視されるような製品になってしまいました。
      その後、改善傾向には
      --

      ψアレゲな事を真面目にやることこそアレゲだと思う。
      • by Anonymous Coward
        当たり前ですが去年一番売れたマシンは"Wii"です。
        そして"Wii"のいわば入門ソフトだから売れているのは当たり前。
        ついでに書くなら一番売れたのは「超マニアックゲーム」である"HALO 3"。

        そして海外メーカーは既にPS3+X360で同時発売を基本戦略に置きつつあります。

        既に「マニア層」と「ライト層」の棲み分けは起こっていると考えていいです。

        なお、日本は既に市場サイズも小さくなっていますし、おまけに携帯ゲームマシンの方がメインという市場なのでこれからは高性能マシンで戦っていけるメーカーはほとんどなくなるでしょうね。

        ちなみにWii/DSはユーザー層を拡げたのは事実ですが、海外国内を問わずサードパーティには頭痛のする市場です。
        なぜならサードパーティのソフトがあまり売れないから。
        • 世界市場でも1、2を争う任天堂がいるから、売れていないように見えるだけでしょ。
          PS系列でもバカ売れしたのは、DQ、FFぐらいなんだし
          --
          ではでは
          • おまけ
            某所からの転載
            国内でのミリオンヒット

            各主要サードのミリオンヒット作内訳

            スクエニ:
            スーファミで11作、PSで9作、PS2で7作、ファミコンで5作、ゲームボーイで3作、DSで3作。
            任天堂で22作、SCEで16作と、結局任天堂とのつき合いの方が長くて大きい。
            全時代を通じて据え置きでも携帯ゲームでも強い。最近はDSでもヒット作を出している。

            バンダイ:
            ファミコンで4作、スーファミで2作、ゲームボーイで2作、DSで1作。
            完全な任天堂系メーカー。全時代を通じて強い。最近はDSでもヒット作を出している。

            コナミ:
            PSで2作、PS2で5作、ゲームボーイで1作。
            プレステで強いと言うよりウイイレが全てのメーカー。

            カプコン:
            スーファミで3作、PSで3作、PS2で2作。
            どこでも戦える万能メーカーだが、最近はミリオン作に恵まれず、最後のミリオンは5年前の鬼武者。

            ナムコ:
            ファミコンで4作、PSで2作。
            最後にミリオン行ったのは10年前の鉄拳3と、もはやロートル。

            ハドソン:
            ファミコンで4作。
            もはや過去の存在だが、最近は任天堂の下請けで、
            毎年マリオパーティを作っているので、ある意味任天堂の一部門になった。

            アスキー:
            スーファミで2作、PSで2作。
            ダビスタだけのメーカー。ナムコ同様、最後にミリオン行ったのは9年前。もはやロートル。

            コーエー:
            PS2で4作。
            全部無双。ある意味唯一の「任天堂では売れないサードメーカー」と言える存在。

            セガ:
            サターンで1作。DSで1作。
            老舗だが実は13年前のバーチャと、
            女児向けのラブベリしかミリオン作がないと言う寒いメーカー。

            こうしてみると「任天堂ハードではサード売れない」と言うのはただの妄想だな。
            コーエー以外はw

            比べると悲惨すぎるが、一応「ファーストのミリオンヒット作」内訳も出しておこう

            任天堂:75作
            ゲームボーイで19作、ファミコンで14作、DSで11作、スーファミで10作、
            64で9作、ディスクシステムで6作、GBアドバンスで5作、GCで1作。
            圧倒的すぎて語ることもない。殆ど毎年ミリオン作があり、穴がない。
            また、ブランドが劣化することもなく、どのタイトルも10年以上、
            長きに渡ってミリオンヒット作としてブランド力が維持されている。
            一番売れたのは23年前のマリオ680万本だが、つい最近の06年に出たポケモンダイヤ、
            Newマリオがともに500万突破。売り上げに衰え無し。

            SCE:16作
            PSで12作、PS2で4作。
            右肩下がりにどんどん劣化している。最後にミリオン行ったのは3年前のGT4である。
            200万越えたのは10年前の初代GTの250万と初代みんゴルの210万だけ。
            そのみんゴルもPS3ではついに38万本まで下がった……
            --
            ではでは
            親コメント

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

処理中...