パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

手術の結果産婦を死なせた刑事責任を問われた「大野病院事件」、無罪判決が下る」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward
    横浜市には「出産数日本一」を誇る堀病院という産婦人科がありました。
    この病院で、助産師資格のない看護師や准看護師が「内診」という助産行為をしたとして、
    神奈川県警が2006年2月に院長ら11人を書類送検した事件がありました。

    地裁で起訴猶予処分にはなりましたが、ギリギリの線で持っていた横浜市のお産は絶賛崩壊中です。
    今では妊娠に気づいたら即予約をいれないと、自宅付近での出産は望めない状況です。

    /.Jには正義の鉄槌をもって他者を弾劾する方が多いですが、
    その鉄槌を振り下ろした後に残るのがペンペン草すら生えない焼け野原でもよいか、
    振り下ろす前に少しだけ考えませんか。
    • by nagika (30998) on 2008年08月22日 21時50分 (#1408090)
      似たような話ではこんなのが。

      救急救命士 [wikipedia.org]に気管挿管の実施が認められるようになった契機として、2001年10月に秋田市消防本部において、組織的・地域ぐるみで違法との認識がありながら、救急救命士の気管挿管を容認されていたことが挙げられる。これは医師法違反であることが指摘されたが、このようなケースは秋田市以外でも認められ、大きな社会問題となった。
      その結果、実は秋田市は周辺の自治体より救命率が高かったのだったとか。
      親コメント
      • これ、「緊急避難」適用されたりしないのかな?
        --
        TomOne
        親コメント
      • by Anonymous Coward on 2008年08月23日 0時40分 (#1408187)
        これは2001年10月時点では違法。
        その後現実と得られる結果を冷静に判断して、法令とその解釈を変えたため、適法にな
        りました。
        それ以前は動機がどうあれ違法は違法なんだよ。
        結局起訴猶予でしたっけ? うろ覚え。

        医療に限らず、違法を承知でも結果を優先することが「公共」の福祉に繋がると信じて
        手を出すかどうか迷う場面は意外とあったりする。
        その場その時に GO、STOPできる立場の者が自分しかいなければ、私はやっちゃうかも。
            つか一回きりだけど、私そういうことしてしまいました。もう時効は過ぎたはず。汗

        ただ、違法を承知でやるわけだから、その結果刑罰受けても仕方がないと考えてる、とい
        うか刑罰受けること覚悟でやっちまったよ。自分の人生捨てても、後悔して残りの人生
        送りたくないしね。ちょっと破滅型入ってるかもしれんが。
        陪審員制度が始まったらこの辺も斟酌してくれると信じてるよ。

        将来の予見なんて誰もできないんだから、4人死ぬところが1人死んだだけで助かったとして
        も、手を下した奴はほぼ間違いなく「法を犯して死人を出した極悪人」になるよ。
        遺族から罵詈雑言浴びせられて、高い賠償金払って、刑務所暮らしする覚悟がないなら止め
        たほうがいい。

        それに自分が正しいと信じて行ったことが、必ずしも正しいとは限らない。
        最適解が別にあって、「余計なことしやがって」と言われる可能性が十分あることも理解し
        ておくべき。(幸い、私の場合は人の生死は関係なかったし、考える時間があったけど。)

        法を犯すなら、特に人の健康や生死が関る場合は、そのリスクもちゃんと背負って、ことに
        臨もうな。
        悪法といえど法。悪法は改正しなきゃ直らないのだよ。
        親コメント
        • > 悪法といえど法。悪法は改正しなきゃ直らないのだよ。

          小役人の大好きな念仏ですね。

          良識と良心に基づいた行動が法の定めより合理的であったの
          ならば変わるべきなのは法であり、その行動を裁く基準は
          変わった後の法であるべきです。

          ガチガチの成文法主義で運営される社会を喜ぶのは小役人と
          全体主義者だけです。

          悪法は法ではありません。それは悪なのです。
          親コメント
          • 悪法は... (スコア:2, すばらしい洞察)

            by Anonymous Coward on 2008年08月23日 1時57分 (#1408230)
            善悪という考えを持ち込むからあれなんですよ。
            秋田の件を引くと、道徳的な善は生命を維持し、育む方向。法律は適法/違法だけ。
            それぞれは完全には一致しません。

            悪法だからって守らなくていい訳ではなく、守らない人が多い場合厳罰化される傾向があります。
            数千万人が共謀して、悪法に対する違法行為をして一斉自首とかでもないかぎりは、悪法を完全無視は効果なし。
            守っておいて、これだけの不利益が生じているというデータを出すのが近道かと。
            (救急隊員による気管挿管ができていれば搬送中に死亡した○人のうち○人が助かる可能性があったなど。)

            # 政局があまりにアレなのでアナーキーに向きやすいのはわかる。
            親コメント
          • えーっと、この場合の「良識」「良心」「悪」の基準は誰が決定するのでしょうか?
            神様?
            確かに善悪を判断してくれる絶対者が居れば、ガチガチの成文法主義は不要ですね。
            親コメント
          • >悪法は法ではありません。それは悪なのです。

            それは法治国家の論理じゃなくて人治国家(あるいはハリウッド映画)の論理ですよ。
            法の遡及適用に至ってはなにをか言はんや。
            親コメント
          • by Anonymous Coward
            > その行動を裁く基準は変わった後の法であるべきです。

            俺、そんな国に住みたくない!
            • by Anonymous Coward
              >> その行動を裁く基準は変わった後の法であるべきです。
              > 俺、そんな国に住みたくない!

              まさにこういう人を裁くためにも、法を変えるべきですね
              • >> その行動を裁く基準は変わった後の法であるべきです。
                > 俺、そんな国に住みたくない!

                まさにこういう人を裁くためにも、法を変えるべきですね
                そのためには、憲法の変更が必要ですね。(憲法第31条)
                #1408760 さんは、珍しい価値観をお持ちのようです。(近代社会には住みたくないらしい)

                法の不遡及(遡及処罰の禁止)ってのは近代刑法の基本原則なんだけど。
                わたしは、「司法が罪刑法定主義で運用されない国」には住みたくないです。
                --
                notice : I ignore an anonymous contribution.
                親コメント
              • by Anonymous Coward
                > 法の不遡及(遡及処罰の禁止)ってのは近代刑法の基本原則なんだけど。
                > わたしは、「司法が罪刑法定主義で運用されない国」には住みたくないです。

                まさにこういう人を裁くためにも、法を変えるべきですね
              • 元レスでは、「元々適法だったものを、法律の改定で違法化し、
                過去の行為を処罰しろ」ではなく「もともと違法だったが、
                法律の改定で適法化し、過去の行為は免責しろ」と言っているようです。

                確かに前者は近代法体系では認められない例ですが、後者は別にいいのでは?
                恩赦とか、ほとんどそういうことだと思いますが。
                親コメント
              • by Anonymous Coward
                #1408704のACが現時点でそういう思想を持っていたことを裁くのではなく、法を改訂した後にも思想を保持したことを裁くのであれば遡及処罰にはならないのでは。
              • by Anonymous Coward
                > 元レスでは、「元々適法だったものを、法律の改定で違法化し、
                > 過去の行為を処罰しろ」ではなく「もともと違法だったが、
                > 法律の改定で適法化し、過去の行為は免責しろ」と言っているようです。

                まさにこういう人を裁くためにも、法を変えるべきですね
          • by Anonymous Coward
            悪法を立法したのは立法者であって行政者じゃない。
            立法者を担ぎ上げた者の一端としてなぜに尻拭いもせずに目をそらす?
      • by Anonymous Coward
        確かに、法律は守りました、でもそのせいで患者は死にました、じゃ遺族は納得してくれないでしょうね。
        それが法律と言い張るのは国営ヤクザの勝手ですが、誰だって死にたくはないんですよ。

        これを問い詰める国営ヤクザがいるなら、代わりに死んでほしい。
        • by Anonymous Coward
          検察だってやりたくない裁判くらいはいくらでもある。
          検事だって有罪のゲット率で人事考課されるカらね。
          有罪にできる見込みのない案件なんて自分の評価下げるだけじゃん。

          だから警察にはとことこ証拠出させて、送検すらさせないことだってある。

          でも検察審査会というすばらしいところがあってだな、大した証拠もないのに
          遺族の感情も考えて「起訴しないのはおかしい」なんて仰います。
          そりゃ言うのは簡単だけどね。マスコミ受するし、さぞ気分いいだろうよ。

          この件では警察の馬鹿どもが逮捕までしちまって、身柄とセットで検察に送り付けやがった。
          そんな状況で「逃亡の意思はありませんから」
          • by Anonymous Coward on 2008年08月23日 9時35分 (#1408329)
            >たまには、ロクな証拠もなかったり、空気を読まない案件で起訴しなくちゃならない側のことも考えてやれ。

            たかが何十回(何百回?)かの評価のうちの一回のために、他人の人生を台無しにするのですね。
            おかしいと思うのなら突き返すのも仕事だろ?

            送られてきた書類を右から左に流すだけならサルでも出来る。
            送られてきた書類を読んで理解し、不備があれば突き返す。それが人間のやる仕事ですよ。

            え〜と、自分の身勝手のせいで他人の人生を台無しにすることをなんて言いましたっけ? 犯罪?

            >でも検察審査会というすばらしいところがあってだな、大した証拠もないのに
            >遺族の感情も考えて「起訴しないのはおかしい」なんて仰います。

            痴漢をでっち上げる女子高生と変わらんな。
            被害者/遺族の感情で犯罪が成立するのなら、警察なんて要らない。

            「あのオヤジ気に食わないから、起訴しちゃわない?」
            「やっちゃおうか。罪状なんにする?」
            「これなんかどう? マスコミ受けするよ?」
            「ん〜、証拠が足らないかなぁ」
            「んなもん、いつも道理でっち上げれば済むじゃん」
            「でも突っ込まれない?」
            「大丈夫っしょ、裁判官なんて老後のこと考えればこっちの味方するしかないんだし」
            「んじゃ、やりますか」

            #ん? だれか来たよう・・・(残されたメモの記述はここで途切れている)
            親コメント

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

処理中...