パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

より安全な原子力発電技術「進行波炉」」記事へのコメント

  • 怖い (スコア:1, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward
    この期に及んでなお(しかも、まだ福島の事故が収束してもいないのに)
    これを乗り越えれば絶対安全な原発ができる、とか
    原発が不要になるなんて寝言、とか
    強弁なさる方々が多数いるのはネットの恐ろしいところ。

    土地失った人目の前にそんなこと言えるのかと。
    • "絶対安全な原発ができる"のソースを教えて頂きたいところ。
      おそらくどこの誰に聞いても原発の仕組みを知っていれば"絶対"なんて言葉は使用していない。

      "想定の範囲内で絶対安全"ならできるかもね。
      基準値とか閾値とかって重要だよね。コスト的な意味で。

      原発以上に安定して大電力供給できる代替が無いから"とりあえず"原発しかないんじゃない?

      超高効率の太陽光発電やら衛星からマイクロ波で云々みたいなのが人類が存在してる間に出来ればいいけどね。
      人類が存在してる間にできるかどうか疑問の"核融合炉"なんてのもあるね。
      それよりは高速炉なりこの進行炉なんかが現実的ってだけで。

      計画送電がいいなら電力会社は原発なんて止めるし、動燃だって要らないし、高速炉の研究なんてもってのほかだよね。
      反対するならそれなりの代替案出そうよ。

      • 極度の原子力アレルギーとか、極度の原子力崇拝の人が出るのは
        唯一の被爆国なせいだろうか?

        代替案が原子力以外にないということはないし、
        現時点でなければそれを作るのが科学でしょ。

        ハイリスクハイリターンの最右翼が原発なだけで
        逆にローリスクローリターンで地道にこつこつかせぐ方法だってある。
        コストに関してはスケールメリットの問題。
        数さえ出ればいずれはペイできる。

        この期に及んで、そこまで妄信的に唯一の解決策が原発と言えるなら
        原発30km圏内に住んで、今回のような非常時に復旧作業する赤紙要員になって欲しいよ。
        ただし敵前逃亡は死刑の前提でね。
        この条件でも推進する気になるんですかね?

        --
        uxi
        • Re: (スコア:2, すばらしい洞察)

          by Anonymous Coward

          >代替案が原子力以外にないということはないし、
          >現時点でなければそれを作るのが科学でしょ。
          みんな必死になって代替案を開発研究しているんだけどね。
          それでも総合的に見て原発以上に現実的な解が見つからないからこその現状なんだよ。
          でも否定派は他人の努力なんて見もしないで、
          もっと良い解決策はどっかにあるはずだからおまえら努力が足りない何とかしろ、としか言わない。

          ローリスクとか見た目だけで言ってるでしょ?文句を垂れ流す前に真面目に計算してみなよ。
          他人が馬鹿に見えるのはあなたが馬鹿だから。
          推進派が盲信しているように見えるのは推進派の見ている現実があなたに見えないだけだから。

          まあもうちっと過去のエネルギー政策や災害とかを勉強してみ?
          原発はクリーンなんて嘘っぱちなひどいもんだし民主主義なんて碌でも無い政治体制だけど
          それ以外の過去のもの、実現しない未来の物、それらは全部、これ以上に最悪で未熟なんだよ。

          • 自ら資料も示さずに勉強しろとか計算しろとか上から目線で言ってる限り
            この非常時に至って原発に反対する民心を説得できるわけがない。
            街宣右翼という名の左翼よろしく
            原発推進派の皮でも被った原発反対派なんじゃないの?と思ってしまう。

            とりあえず、長くなって悪いが出せる資料なるべく出しとくわ

            福島県原子力安全対策課の
            原子力発電所の設置概要表 [fukushima.jp]によれば
            福島第一原子力発電書の1~6号機の出力および建設工事費が
            46万kW + 78.4万kW + 78.4万kW + 78.4万kW + 78.4万kW + 110万kW = 469.6万kW
            390億円 + 560億円 + 620億円 + 800億円 + 900億円 + 1,750億円 = 5,020億円

            まず風力の試算
            例えば阿蘇にしはらウインドファーム [kumamoto.jp]を参考に
            直径66mで定格1,750kWの風車を1機2.7億円で建てたとして
            469.6万kW / 0.175万kW = 2683機
            2683機 * 2.7億円 = 7,244億円

            定格ベースではあるが建造コストの倍率は
            7,244億円 / 5,020億円 = 1.44倍

            放射性物質ぶちまける心配のない代替施設を作ってもたかだかこの程度。
            原発が低コストとかクリーンとか言ってるのは、事故起こらない前提であるからして、
            事故起こる前提で補償まで考えれば、
            定格ベースとは言え建造コストが1.5倍以内に納まってるのはむしろ猛烈に安い。
            こんだけ大量の風車をどこに建てるんだってのは問題だが
            社民がほざいてる洋上風力発電 [sdp.or.jp]って案は夢があって悪くない。

            次に太陽光発電
            京セラの太陽光発電システム [kyocera.co.jp]を参考にすれば
            4.06kWで3,020,850円
            福島第一原子力発電所換算で
            469.6万kW / 0.0004万kW = 1,174,000戸
            1,174,000戸 * 3,020,850円 = 3,546,477,900,000円 = 35,465億円

            定格ベースでの製造コスト比は
            35,465億円 / 5,020億円 = 7.065 倍

            総務省の
            日本統計年鑑 [stat.go.jp]
            18-5 都道府県,住宅の所有の関係別住宅数,持ち家住宅率及び持ち家世帯率(エクセル:30KB) [stat.go.jp]によれば
            2008年の持ち家世帯は 30,316,000 世帯
            従って全持ち家世帯の屋根に乗せれば
            福島第一原子力発電所を25個ちょい作れる計算。
            この場合ピーク発電能力と設置コストは
            30,316,000戸 * 0.0004万kW = 12,126万kW
            30,316,000戸 * 3,020,850円 = 91,580,088,600,000円 = 92兆円

            高度情報科学技術研究機構 [rist.or.jp]の
            原子力百科事典ATOMICA [rist.or.jp]
            日本の原子力発電所の分布地図(2005年) (02-05-01-09) [rist.or.jp]によれば
            2005年12月31日現在運転中、建設中および計画中の原子力発電所の設備容量の総計は、6488.0万kW(67基)
            であるから
            太陽光発電システムの全戸設置により
            現在日本に存在または建造する予定の全原発に対して2倍弱のピーク発電能力を得られる計算
            太陽光発電の特性からして夏場のピーク時の電力供給には効果的だろう

            設備利用率
            = 発電電力量 / (認可出力 * 暦時間)
            = 発電電力量 / (発電機出力 * 運転日数 * 24時間)
            も考慮しておくと
            総務省の
            日本統計年鑑 [stat.go.jp]
            1-12 気象官署別気温,相対湿度,日照時間,降水量,霜,雪(平年値)(エクセル:45KB) [stat.go.jp]によると
            年間日照時間の平年値は1,390~2,167時間であるから
            1,300時間と見積もって
            1,300時間 / (24時間 * 365日) = 0.148 = 14.8%
            原発に巻しては
            高度情報科学技術研究機構 [rist.or.jp]の
            原子力百科事典ATOMICA [rist.or.jp]
            日本の原子力発電所の設備利用率の推移(2004年度まで) (02-05-02-02) [rist.or.jp]によれば
            2004年の設備利用率の実績が68.9%

            発電量実績の見込みについて比較すると
            全持ち家世帯に設置した場合
            太陽光発電 12,126万kW * 14.8% = 1,795万kW
            原子力 6,488万kW * 68.9% = 4,470万kW
            となり、原発の 1/2 弱であればなんとかまかなえることになるが
            発電量実績ベースの設置コストでは、
            35,465億円 / 5,020億円 * 68.9% / 14.8% = 32.6 倍
            となってしまう。

            無事故前提であればパネル単価が1/32になれば設置コストは釣り合うが
            事故前提としても約32倍のコストが補償と釣り合うかどうかは想定被害額による。
            国や電力会社にしてみれば、有事に至って
            まじめに補償する気は毛頭ないはずなのでこのコストを容認する気はないだろう。

            一般家庭でも電気料金が32倍になるのを容認するのは難い。
            しかし良く考えて欲しい。実際にはそうならない。
            なぜなら、太陽光発電システムは故障しない限り運用コストが発生しない。
            従って、1kWh単価を19.66円としても設置後は以下の年数放っておけば自動的にペイする。
            3,020,850円 / (4.06kW * 1,300 時間/年 * 19.66円/kWh) = 29.1年
            要するに30年分の電気料金300万円を先払いしているだけの話である。
            4kW と言えば通常は引き込み口のブレーカーが落ちるくらいの容量。
            逐電設備等によるバッファを解禁すると共に
            エコキュートなどを上手に使うことで一般家庭に限って言えば
            エネルギーを自給自足出来るくらいの電力は太陽光発電で得られる。

            風力の設備利用率に関して言えば
            東伊豆町風力発電所
            運転状況(設備利用率等) [shizuoka.jp]を参考にすると
            おおよそ20%強といった辺りが妥当な線
            7,244億円 / 5,020億円 * 68.9% / 20.0% = 4.97倍
            つまり、発電量実績ベースでたかだか5倍弱の建設コスト
            立地さえ間違えなければ太陽光発電の6倍の素性の良さ。

            現状の代替手段でも総力を結集すればここまでの明るい試算が可能
            ましてや10年後、20年後を見据えれば、脱原発を目指した代替エネルギーへのシフトが出来ないわけがない
            原子力関連の技術開発に費やす予算を全て代替エネルギーの開発に注ぎ込めばなおのこと
            ここまで分かっていながら、原子力に固執する意味がまったく分からない。

            --
            uxi
            親コメント
            • 元々、耐用年数は16年であったはずの原発を使い続けてるボケナスがおるわけよ
              要するに絞りカスの電力を法外な価格で売って暴利を得てるのな
              つまるところ今回の事故は耐用年数をはるかに越えたポンコツを使い続けたという極めて悪質な人災
              JCOの件と言い、安全性が聞いてあきれるわ
              連中は金の亡者で安全性なんて糞食らえなんだよ

              電力会社は絞りカスの電力を売るのではなく、
              最新技術を尽くした太陽光発電システムと風力発電システムを売り
              技術の発展にまじめに貢献をすることを考えたほうがよろしい。

              原発が他の代替手段よりも低コストでクリーンなのは事故を起こさないという前提に立ったもの。
              事故を想定した場合、他の代替手段に比べれば最悪に高コストでダーティーなのは言うまでもない。

              今回の事故で、原発のコスト及び環境性能は、事故を想定せざるを得ない事態となった。
              しかし現実には、事故に伴うコストは借金として積み上げておいて最終的にはチャラにする方向で行くのが規定路線。
              過去の公害訴訟や被爆認定ですら現在進行中なのを見れば、改めて勉強するまでもない
              事故はそのうち起きますけど、その時は補償なんてどだい無理なんですから、
              犬にでも噛まれたと思って諦めてくださいというのが電力会社と政府の本音。
              どうせ健常者でも80年くらい放っとけばみんな死ぬし、
              被爆すればもっと早くくたばっちまうんだから、
              そこまで粘れば電力会社と政府の不戦勝。

              金と権力持ってるやつにはかなわんわ

              --
              uxi
              親コメント
            • by Anonymous Coward

              OK,明らかに古い資料や楽観的すぎる数値ばかりだが長々と資料を集めた努力は評価する。
              だが惜しいな。根本的な発想が真逆だ。

              どのような代替電力であれ、それが主柱として原発を置き換えられるかは
              「いかにピーク電力を稼ぐか(MAX)」ではなく
              「いかに安定して電力を供給できるか(MIN)」が重要なんだ。

              それ以外にも代替エネルギーには楽観視出来ない問題がまだまだ山積みだから
              もう2段ほど深く掘り下げて見給え。

              蛇足ながら・・・上から目線が嫌なら自分が他人を見下した物言いを止めてみな。
              馬鹿といったら馬鹿という。こだまでしょうか?いいえ、ACです。

            • by Anonymous Coward

              乙、といいたいところだが、はっきり言って自慰行為だな。
              脱原発が不可能だと言う奴は金の話をしてるんだから何の訴求力もない。
              原子力に固執してるなんて妄想は捨てろ、旨味があるから群がるだけだ。

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

処理中...