パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

高性能なロボット義手/義足、自分の手足を切り落としてでも欲しい?」記事へのコメント

  • by nmaeda (5111) on 2011年09月01日 16時21分 (#2012956)

    技術的可能性でいえば、すでに実現可能なレベルに達しているでしょう。ユーザに教育、訓練は必要でしょうが。

    問題は価格や、医療・介護分野であれば健康保険や介護保険の対象になるかでしょう。
    平均寿命が長くなって、身体に障害を持つ高齢者も増えていることを考えると、実用レベルになることが期待される技術なのですが。
    (近年、全国で増加傾向になるのがリハビリ専門病院です。もちろん、ほとんどの患者さんは高齢者ですが、高齢者は入院期間も長くなりがちで、完治も困難です)

    • by Anonymous Coward
      どこにぶら下げるか非常に迷ったけどここに。

      義肢装具士の方の中でも義手を作成できる人が少ない現状(普通の方は年に1本作成依頼が来るか来ないかとか)では機械的な装具の普及はまだまだ難しい気がします。

      はるか昔IBMがホーキンス博士のために作ったあの車椅子、今は同じものが福祉の範疇で普通に交付されます。
      機械義肢も同じ道をたどって行くんでしょうが果たしていつになるやら。ただ、個人的には一刻も早く補助の対象になるべきだと思います。

      (私も事故で右腕が義手になってしまったのでもし人体実験の募集があればすぐ応募してしまうでしょう。と言うか募集してほしい)
      さすがにACにさせてください。

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

処理中...