パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

アレゲな葬儀方法」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    やっぱり燃やした時より、遺骨を入れる箱がでかくなって置き場に困ったりしないのでしょうか
    #遺灰が骨壺に入りきらない珍百景

    • Re: (スコア:3, 参考になる)

      もともと西日本では、骨壺に遺灰をすべて入れない地域が多かったかと。

      # だから、東と西で骨壺の大きさが違ったりします。

      • 前にも書いたような気がしますが、、、 私の実家は奈良県なのですが、実家の周辺地域では、骨壺に骨を入れるときは、
        足の方から頭の方へ、形のいい適度な大きさのものだけを選んで入れていきます。
        大腿骨のような大物は、箸でつついてくだいて、きれいな形の破片を入れたりします。
        最後はのどの骨を入れて、丸いお皿のような頭蓋骨でフタをして終わりです。
        関西方面ではおおむねそのような感じで、当たり前のことだと思っていました。
        ところが、妻の実家は福島県で、妻の身内の火葬に立ち会ったことがあるのですが、 そのときは確かにすべての骨を骨壺に入れて、最後は細かい骨や遺灰もちりとりのようなもので集めて骨壺に入れていました。
        ですので、巨大な骨壺を見たときは、自分が今まで骨壺と思っていたものと全然違うと驚いた記憶があります。
        • by Anonymous Coward

          私は岐阜県ですが、叔母の火葬の際は仰る通りに骨壺に遺骨を入れていました。

          当然、骨壺に入らない骨が大半なのでどうするのかと思っていましたが、
          当時調べたところ、掃除機で吸って回収し、自治体が委託している寺院が
          引き取って、合同供養墓(?)のような所に納めるそうです。

人生unstable -- あるハッカー

処理中...