パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

オーバークロックはもう古い? 」記事へのコメント

  • 最近のメニーコアでパフォーマンス向上を狙うやり方とかを見ていると、
    スペースや冷却機構は今のままで、クロック周波数を今以上のものに上げるのは、技術的に厳しいのではないかと思ってしまいます。
    (設計・開発しているわけではないので、断言はできませんが……)
    別にコアが増えることを批判するわけではありませんが、
    1コアあたりの性能をもっと上げられないものかと。

    --
    自由の行使には責任を伴わなければならない
    • by Anonymous Coward

      思ってしまうも何もクロック周波数を上げやすい構造にしていたPentium 4が3.8GHz辺りまで行った時にリーク電流などを原因とする発熱と消費電力量の問題でこれ以上クロックを上げる事が難しいと判断されたことがインテルがメニーコアに舵を切った理由ですから。

      >1コアあたりの性能をもっと上げられないものかと。
      私も詳しいわけではありませんけど実装面積に限界があり微細化にも限界がある以上コアを増やせばその分1コア辺りのトランジスタ量は減る計算になりますから1コア辺りの処理能力を上げるのは困難なのではないでしょうか。(トランジスタ量だけで性能が決まるわけではないでしょうけど)

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

処理中...