パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

銃器メーカー、ゲームに登場する銃に対しライセンス使用料を求める」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    Apple「iOS機器を登場させたらライセンス料払って!」

    さておき、車ゲーってなんでライセンス料払ってるんでしょうね?グランツーリスモが作った悪習なのかな。
    スポーツゲームで実在の選手の名前を使うのにライセンス料を払う、車ゲーで実在する車を出すのにライセンス料を払う、この辺はまぁ目的がその対象そのものなのでわからなくもないですが、銃の場合はどうなんだろうなぁ?
    例えばタレコミにある警官物のゲームで銃が出てくるとして、銃はオマケとゆーか、主役じゃないじゃないかっていう。
    実在する銃で撃ち合えるFPSって売りのゲームならわからなくもないが。

    • by Anonymous Coward

      なんであれ、他人が作ったもので金儲けするなら利用料払うのは当然なんじゃ。
      グランツーリスモなんか、実在の車を操作できるのが一番の売りなんだし悪習じゃないでしょ。
      銃でも同じじゃないの。その銃が出てることで価値が高まるんだったら。

      • 車などの工業製品のデザインなどは「意匠権」もしくは「不正競争防止法」で守られていますが、
        意匠権は、工業製品のデザインを守るためのものですし、「不正競争防止法」は「紛らわしい製品を防ぐ」ためのものですので、
        どちらも元の工業製品とはまったく別ものである「ゲーム中の画像」とか「まんが作品内のイラスト」に対しては効力を持ちません。

        実銃とモデルガンについては、 ベレッタ社がモデルガンメーカーを訴えた訴訟が棄却される [u-pat.com]といった実例もあります。

        道義的に「他人が作ったもので金儲けするなら利用料払う」と言いたい気持ちはわかりますが、そもそも「ライセンス」するものが存在しないそれは「ライセンス料」でもなんでもありません。

        • by Anonymous Coward

          #広範囲にデザインを守りたかったら、まず著作物としてデザインを発表し著作権を確立しておいてから、実製品を作り起こせばいいんじゃないかと思う。シドミードのデザインなんかは著作権で守ってもいいよなーとか思ってしまうし。

          って今回のような実在の火器をゲームで出された場合にも、「意匠権」もしくは「不正競争防止法」ではなく「著作権」で保護できるって主張ですか?

          であれば、著作権というのはいちいち「確立」させることをしなくても発生する物なので、「意匠権」もしくは「不正競争防止法」は関係なしにそういう場合でも保護されるということになりますね。

          #なにを言いたいのかさっぱり分からん。

          • 説明がわかりにくくてすみません。

            > 今回のような実在の火器をゲームで出された場合にも、「意匠権」もしくは「不正競争防止法」ではなく「著作権」で保護できるって主張ですか?

            たとえば、「アップルシードに出てきた士郎正宗デザインの銃」なら、著作権が発生してますので、勝手にゲームに出すことはできません。
            銃器メーカーが「士郎正宗デザインの銃」を「実銃として製品化」すれば、その実銃は「著作権で保護されたもの」になるわけです。

            これは、「まず著作物としてデザインを発表し」ておいてから「それを製品化」することで初めて使える手ですから、既存の銃器に対しては著作権で保護することはできないです。

            とはいえ、よくある製品開発前の「完成予

            • by Anonymous Coward

              ???

              「銃器メーカーが実際に制作した銃器メーカーデザインの銃」には著作権が発生しているわけですが。

              あなたが言うとおり

              「アップルシードに出てきた士郎正宗デザインの銃」なら、著作権が発生してますので、勝手にゲームに出すことはできません。

              のであれば、同様に

              「銃器メーカーが実際に制作した銃器メーカーデザインの銃」にも著作権が発生してますので、勝手にゲームに出すことはできません。

              となるはずでけど。

              • > 「銃器メーカーが実際に制作した銃器メーカーデザインの銃」にも著作権が発生してますので、勝手にゲームに出すことはできません。
                > となるはず

                いいえ、そんなことにはなりません。
                著作権の根本的なところですが、著作物とは「思想または感情を表現した物」です。
                「美術工芸品」には著作権は発生しますが、そうではない単なる「工業製品」のデザインには著作権は発生しません。
                装飾の施された銃とかなら美術工芸品と認められるかもしれませんが、普通の実銃は美術工芸品ではないでしょう。

                工業製品のデザインを守るのは著作権ではなく意匠権なのです。

                著作権の場合、「翻案権」というものがあり、「イラスト→ゲーム」などといったまったく別の媒体に対しても権利は有効です。
                ですが、意匠権の方には翻案権みたいなものはなく、「工業製品→ゲーム中の映像」のようなまったく別の分野の製品に対しては権利は及びません。

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                >「美術工芸品」には著作権は発生しますが、そうではない単なる「工業製品」のデザインには著作権は発生しません

                いいえ。発生します。

              • > >「美術工芸品」には著作権は発生しますが、そうではない単なる「工業製品」のデザインには著作権は発生しません
                > いいえ。発生します。

                発生するというのでしたら、その根拠を示してください。

                発生しない、という根拠については、とりあえずわかりやすいところで、ので、とりあえず
                文化庁 著作権テキスト 平成24年度版 [bunka.go.jp]から

                4.著作者の権利
                (略)
                著作権法の規定では,
                著作物 =「思想又は感情を創作的に表現したものであつて,文芸,学術,美術又は音楽の範囲に属するもの」
                と定義されています
                (略)
                すなわち,以下の条件をすべて満たすものは(略)著作物に該当することになります。
                (a)「思想又は感情」を
                (b)「創作的」に
                (c)「表現したもの」であって,
                (d)「文芸,学術,美術又は音楽の範囲」に属するもの
                (略)
                (d)の条件によって,「工業製品」などが,著作物から除かれます。また,「ありふれたもの」(誰が表現しても同じようなものになるもの)も創作性があるとはいえません。

                という解説を挙げておきます。

                親コメント

ハッカーとクラッカーの違い。大してないと思います -- あるアレゲ

処理中...