パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米国で死刑執行に使われている薬品、輸出禁止の影響で使えなくなる?」記事へのコメント

  • >非人道的な方法に逆戻り

    そもそも、死刑という制度が「非人道的な方法」だと思うけど。

    # 「みせしめ」の効果を期待した刑(本人ではなく周囲に対しての効果のみ期待できる刑)なんだから、
    # 苦痛に満ちた死に方をする方法を採用したら、と思わなくも。

    --
    notice : I ignore an anonymous contribution.
    • by Anonymous Coward

      死刑に人道的も非人道的もない気がするんだよねえ。
      どうせ殺すんだし。
      生物食材の調理法の考え方なんかを見ても西洋人特有?の不思議が考え方があると思う。
      宗教由来なんですかね?

      費用対効果を考えるなら市中引き回しの上打ち首獄門とか投石刑とか「じわじわとなぶり殺しにしてやる」方が
      「絶対に死刑にだけはなりたくない」
      って思わせることによって抑止効果が高いと思うんだけど。

      法曹の中の人に言わせれば、そうじゃないそうじゃないって言うんだけど、法学的にどうかはさておいて、
      俺みたいな一般のアホな市民にもよくわかるように「死刑者に配慮する理由」を説明して欲しいってのはあるんだよね。
      特にそれで誰が得すんの?ってのを。

      • 幾ら相手が死刑囚だからって,何やって殺してもいい,みたいな考え方をする社会コワイ

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          あと、厳罰を望む人や(このストーリーじゃ出てこないけど)被害者家族に思う存分復讐させろとか言う人たちは、実際の執行者の負担を全く考えてないのも酷い。
          例え職務だろうと犯人に恨み骨髄だろうと、他の誰かに残酷行為や殺人をやれ、そうすればお前もスカッとするだろ?と言ってるんだよね。

犯人はmoriwaka -- Anonymous Coward

処理中...