パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

誰もが漫画ファイルをアップロードできる「マンガ図書館Z」で作者以外が勝手に公開を許諾する例が続出」記事へのコメント

  • いくら何でもシステムざるすぎる話だと思って赤松氏のコメント見ましたが、TPP合意とGoogleBooks訴訟の件でアーカイブの充実を急がないと、という焦りがあるみたいですね。

    アーカイブ活動そのものの主導権を国外勢力に握られてからでは遅いのに、国内では著作権期間延長で青空文庫プロジェクトが止まる危機にあり、長年係争中だったGoogleBooks訴訟は間もなくGoogleが完全勝利の見込み。

    このまま手をこまねいていたら、知財関連分野は日本は負け組一直線なのは認識としては正しいし、そうならないために何かするにしても残された猶予はあまりないのは確かなので、早急に不具合解消して計画進めていただきたいところ。

    • by Anonymous Coward

      GoogleBooksは、
      争ってたのは廃刊書のアップでなく、売ってる本のスキャンによる一部公開です。
      一部でも売ってる本勝手にスキャンするなよと訴えられてた。
      勝ったとはいえ、やることはマンガ図書館と被らない。

      TPPの方はまあ関係あるけど、多くのマンガが70どころか作者死後50年もそうそうないことから期間延長は関係ないでしょう。

      とはいえ外堀がドンドン埋まって焦る考えはわかる。

    • by Anonymous Coward

      思想が先行しちゃって足回りガバガバだけどとりあえず走れ、て感じですかね。
      赤松氏はこれがポシャったらもう無理、みたいなこと言ってますが
      思想がアウトでポシャるのとシステムがアウトでポシャるのでは意味が異なるので
      一旦とめてでもUI設計からやり直した方がいいんじゃないかな。

      • 割れmp3サイトからiTunesへの移行とか、P2Pの違法映画が広まってからの定額配信サービスの登場と同じモデルが必要だと思ってんじゃないかなあ。
        堂々と違法な無料配信を権利者側でもある赤松氏がやるわけには行かないから、セミ合法スタイルでまず問題化でも何でもして利用者が作られないと
        漫画を社会に届けて対価を得るシステムができないっていう危惧があるんじゃない?

        そのためには権利関係のすべてクリアなことを確認するいわばオプトインじゃなくて、オプトアウトに近い形にしないとコンテンツ量が稼げないんでしょ。
        何だか西側の装置を形だけ真似る共産主義国家みたいな話だけどさ。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        そうやって完成度高めてるから後手に回るというのも主張の一つだと思うので…

      • by Anonymous Coward

        UIの問題だけじゃないから。

        実際問題、この漫画の公開は「誰」に許諾をとればいいのか?作者はわかっていても連絡先は?というケースはなんぼでもあるだろう。
        全てクリアになるのを手順化すれば、積極的な作家以外のアーカイブは全く進むまい。

        本人かどうかノーチェックは流石におかしいけども、
        ボタンを押して「アナタは権利者ですか(Y/N)」だけでOKだとは言わないでしょ。
        ではどこまでチェックすればよいかとなると、
        程度の差こそあれ、やってみてダメといわれたら止める、という手法になるわけだ。

ソースを見ろ -- ある4桁UID

処理中...