パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

CNNが「トランプ・CNNボコボコムービー」作者の身元を公表する可能性があることを表明、脅迫ではないかと騒動に」記事へのコメント

  • SNSの情報をフェイクニュースとレッテル張りして煽ったCNNが、逆にトランプとその支持者にフェイクニュースはそちらだろうと、日本でも良く見る逆レッテルで返され、
    最近日本でも良く見る気がするけど、焦ってトランプ憎しと怪しい情報源に食いついて、ロシアンゲートを演出したものの、証拠をなかな出せずに、とうとう、捏造を認めて記者を解雇したのがこれまでの流れ。他にもCNNは反トランプ番組は視聴率が取れるからやってるとプロデューサーがぶっちゃけてるのを隠し録りされて晒されてる。
    自らフェイクニュースだと証明してしまったので、今更脅迫じゃないと言い張ったところで誰も信じないよね。それを理解してるトランプがある事ない事言ってさらにCNNを煽ってる。
    それに実際どう見ても脅迫なので、CNNは追い込まれている。どうゆう神経していたら、公人たるトランプではなくただの私人であるクソコラ作家を特定して言論を封じ込めようと思えるのか。アメリカのメディアも正常な判断力を失っているように見える。

    • by Anonymous Coward

      CNNが捏造を認めて解雇した?

      http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201706/CK2017062902000137.html [tokyo-np.co.jp]

      >CNNは、記事は唯一の匿名の情報源に基づく報道で、「編集基準に達していなかった」として二十三日夜に撤回。政権移行チームメンバーに謝罪した。

      >CNNは二十六日の電子版記事で、事実関係の確認や法律家などのチェックを受ける手続きに問題があったと指摘。一方で、「必ずしも事実関係が間違っていたわけではない」とするCNN側の見方も伝えた。

      これがあなたの脳内ではCNNが「捏造を認め」たことになるわけか。

      http://www.bbc.com/japanese/40427055 [bbc.com]

      • その通りだ。
        トランプが発言に混ぜるフェイクも大体こんな感じ。これはメディアのファクトチェックに引っかかるから必死に反論するわけだ。でも、この真実はCNNが必死に糊塗したものだよね。社内の 規約に反して記事にしたならなんで解雇にしないのか、真実だと言い張るなら何故記事を撤回などしたのか。それこそメディアの倫理に違反している。
        そしてこういう憶測が出てくる。記事はCNNの社長命令で出したものじゃないか、解雇にして訴訟起こされるとやばいから退職扱いにしたんじゃないのか。記事を証明できない場合実業家のスカラムッチ氏に莫大な訴訟を起こされる。そうすると経営が危ういCNNが傾きかねない。金に敗北したんじゃないか。
        嘘かもしれない、本当かもしれない。でも刺激的だよね。メディアが必死になるほど、滑稽に映る仕掛けになっている。どちらにせよCNNがフェイクニュースを流したという根幹の真実は揺るがない。
        これがポスト真実というわけ。

        • by Anonymous Coward

          なんだこいつ
          本物のキチガイ?論理が全く通じない

          • おや?レッテル張りですか。
            指摘してくれませんでしたが、タイトル自体印象操作です。
            ロシアンゲートは、大統領選挙にロシアが介入したのではないかという疑惑ですが、これはまだ継続中です。CNNの"捏造"は、それに付随する枝葉の一つ。それを調査している上院調査委員会からの匿名の情報提供として、政権移行チームのスカラムッチ氏がロシア人と会っていたというものです。ロシア人と会ってなにが悪いという加計もびっくりな言いがかりなんですが、どうもこれがガセネタだったらしい。もちろんCNNはガセとは認めませんがね。CNNはこれを証明できなかった。悪いことにスカラムッチ氏は移行チームには参加しましたが、公職にはつかなかった。という顛末です。
            仕方ないですよね。メディア取り分けて日本のメディアはトランプの暴言ばかり取り上げて印象操作に始終して、メディアが果たすべき調査報道を全くしませんでしたからね。

            親コメント

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

処理中...