パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ヤマカガシの毒の有無に関する知識、いつ、どのようにして得た?」記事へのコメント

  • 蛇の種類については、あまりわかっていませんでした。

    で、地元の方言についてのウェブの記事を参照したりしましたが
    天草では、クログチと呼ばれる黒い蛇や、カラスグチ
    毒を持っているヒラクチなどがいましたが

    ヒラクチはマムシのことで
    クログチはシマヘビのことなんだそうですが…
    ようするに、シマヘビはシマが見えない黒い状態が一般的でした。

    なお、標準和名ではシマヘビの黒化したものをカラスヘビと呼ぶようですが
    天草で言うカラスグチとは、ヤマカガシのことです。

    これらについては、総じてクチナワという大昔の言葉が
    地方には残っている現象で、そういう名前なわけですが、クチナワという
    言葉自体は、少なくとも昭和後期には使われていなかったという認識です。

    そのほかアオダイショウはエクチナワ、ヒバカリはヒヤカシと呼ぶようです。
    もっとも、アオダイショウはアオダイショウとして認識していましたが
    昭和後期において、標準和名を皆が知らない生物は少なからずいましたが
    ヒラクチ以外の蛇は、毒が無いという認識でした。

    今どうかはわかりませんが、標準和名での報道に対して
    それが地元にいる生物かどうか、わかっていない人は少なくないと思います。

    で、あらためて調べて
    3日前にクログチがシマヘビだと知り
    黒化という現象を知ったわけですが…

    ところが、ヤマカガシやマムシも黒化することはあるそうで
    「黒い蛇は毒を持っていない」という認識が
    間違っているということがわかりました。

    よくわかりませんが、カラスグチと呼ぶくらいですから
    ヤマカガシも、黒化したものが
    天草ではよく見られるはずで
    毒蛇を振り回したこともあったのかもしれません。危ない危ない(苦笑)

    まぁ、黒化は別に地域特有なものでも無いようですから
    もっと広く知られるべきなんじゃないかとも思います。

    • by Anonymous Coward

      黒い蛇=カラスヘビ=無毒
      とずっと思ってました(今の今まで。思い込みっておそろしや)。

      クチナワは、80年代当時の記憶では、父とか祖父とかは
      普通に使ってましたねえ(in 中国地方のド田舎)

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

処理中...