パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

トム・クルーズ曰く、映画を見る際にテレビのフレーム補完機能は使うな」記事へのコメント

  • 「秒間30フレーム、もしくは」なんて書いてますけど、テレビ放送レベルで秒間30コマなんてまずないですね。インターレースで60コマ。

    で、映画やアニメなどは秒24コマなわけですが、それを秒60コマで放送する際には「2-3プルダウン」と呼ばれるフレームレート変換が行われます。
    秒24コマの絵を、秒60コマで「2回表示、3回表示、2回表示、3回表示、…」を繰り返す、というもの。
    これは、平均すれば、60/2.5=秒24コマ表示になっているのですが、ミクロに見れば、例えば、「秒24コマで、各コマ1cmで移動」という定速移動も、2-3プルダウンだと「1/30秒で1cm移動、1/20

    • by Anonymous Coward

      フレーム周波数と最初から書いてあるのになんでインターレースを持ち出す?
      結局議論のカギは
      毎秒24コマってのが、映画らしい品格ある映像なのかどうか、それは本当なのかどうか、だが、それがそもそもどうも釈然としないが、仮にそうだったとして、それがインターレースやレート変換(補完)と関係あるという根拠はあるの?
      こればっかりはYoutubeで並べて比較、とはいかないからなあ

      案外、映画館のように暗いとこで、低フレームレートで見るから、荘厳な感じがする、ってのが正解だったりして

      • by taka2 (14791) on 2018年12月07日 16時38分 (#3528947) ホームページ 日記

        表示のソースとなるテレビ放送などの映像信号はインターレースなんだから、映像処理の観点ではインターレースを持ち出さないと意味がないですよ。まあ、Blu-rayなら24p記録できますので、モニター側が対応していれば、そのまま24p表示できますけど、DVD は映画も60i記録。

        ・テレビ放送など従来からの映像信号は秒30フレーム(60フィールド)のインターレースである。
        ・秒30フレーム(60フィールド)のテレビでは、24コマ/秒の映像を正確に表示できない(2回表示・3回表示・2回表示・3回表示…の繰り返しになる)が、
        ・秒120フレームの倍速駆動テレビなら、同じ絵を5回ずつ表示することで、正確に24コマ/秒の映像を表示できる。
        ・ただし、そのためには秒60フィールドの映像信号から24コマ/秒の映像を復元する必要がある(そういう補完処理が必要)

        ということで、倍速駆動で映画モードの方が映画館の上映に近いものになる、という話。

        なお、
        > 低フレームレートで見るから
        「映画館の24コマ/秒と、倍速テレビの120コマ/秒で5回ずつ表示では、条件が異なる」と言いたくなるかもしれませんが、
        映画館の24コマ/秒も、実際には1/24秒おきに表示するわけではありません。各画像を1/24秒ずつ表示するだけだと、24Hzの点滅となり、そのチラツキが視認できて見るに耐えません。そこで、映写機は同じコマを何度(3~4回)も表示する(点滅させる)ようになってます。
        (フィルム映写機の動きでいうと「フィルムを送る→光る→消す→光る→消す→光る→消す→フィルムを送る→光る…」という流れ)
        ですので、「120コマ/秒で5回ずつ表示」というのは、映画館の上映とほぼ同じ表示方式になります。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          mpeg2でソフトテレシネが規格化されているので、DVDもテレビ放送(デジタル)もプログレッシブ映像を収録することは可能だし、実際行われていますがね。

          • by Anonymous Coward

            DVDのほうはたしかにそうですが、ソフトテレシネで放送してる局って今ありましたっけ。
            かつてはWOWOWがそうだったんですけど、今はやめてた気がします。

人生unstable -- あるハッカー

処理中...