パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Raspberry Piを体内に埋め込むバイオハッキング」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2019年09月12日 18時27分 (#3685057)

    ウィリアム・ギブスンの「記憶屋ジョニイ」やね。
    映画化タイトルが「JM」だったんで「Johnny Memory」かなんかだと思ってたら「Johnny Mnemonic」だったのか。
    ニーモニックのMだったとは予想外。

    • by hjmhjm (39921) on 2019年09月13日 17時46分 (#3685561)

      ジョニーは有線やけどな。
      細い同軸ケーブルみたいな。

      今から考えると、記憶容量もそうだけど、ハイテクとローテクがぐちゃぐちゃに混ざってて、微妙な世界観?
      だが、そこがいい。すき。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      グレッグ・イーガンの「万物理論」でも主人公は数テラバイトのメモリを腹に入れてる。網膜に仕込んだカメラで映像を撮るジャーナリストという設定。
      テロリストに脅されて、麻酔無しでへそからモジュールを無理やり引きずり出す描写がグロい。

    • by Anonymous Coward

      小説では頭に「何百メガバイトも」預かっていたのが
      映画では多少進歩して320ギガバイトだかになったね(容量倍増ツールとか使って)
      #設定では再来年が舞台か

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

処理中...