パスワードを忘れた? アカウント作成

中国の衛星利用測位システム「北斗」、最後の衛星打ち上げ成功。システムを完成させる」記事へのコメント

  • 世間でGPSと言ってるのスマホやカーナビの位置情報システムはGLONASSだの北斗だのアメリカのGPSだの、
    その他色々を組み合わせたもんだと思ってたけど、
    そうでもないん?

    • Re: (スコア:5, 参考になる)

      たいていのGPS受信チップはマルチに対応してます。

      ・アメリカのNAVSTAR GPS(我々がふつうにGPSと呼んでるのはコレ)
      ・ロシアのGLONASS
      ・中国の北斗(BEIDOU)
      ・EUのGalilleo
      ・GPSの補完衛星としてのみちびき

      ASUSとかファーウェイとかGalaxyとかXperiaはもうふつうにGPS+GLONASS+BEIDOU対応してますね。
      逆にかたくなに北斗に対応してないのがiPhone。やっぱ戦略的に嫌ってるのかしら

      • by Anonymous Coward on 2020年06月26日 17時10分 (#3841155)

        即位に使う衛星位置データとしてはマルチ対応してるんですが
        大本として必要になる時刻同期に関して、どれからでもっていう事は出来てるんでしょうかね?
        スマホだと基地局からっていう手もなくないですが、用途はそれだけではないでしょうし。
        なんとなくテストは甘そうな気がします

        • by Anonymous Coward on 2020年06月26日 17時31分 (#3841178)

          即位に対して星の位置はそれこそ昔から重要扱いされてましたからね。
          でもあんまりそれを必要とする人は居ない様にも思う。

        • by Anonymous Coward

          大本の時刻なんて取れないのでは?
          それに基地局のだとズレ過ぎでお話にならんのでは。

          どの測位衛星も大本といえる同期した時計は持っているしその時刻を送りはするだろうけど、
          受信者はそれが到来するまでにかかった時間分遅延した時刻情報しか取れない。
          2つの衛星から貰った時刻情報の差とその時刻にその衛星がいた位置が分かれば
          2つの衛星からの距離の差が一定となる曲面上で電波を受信したことがわかる。
          これを重ねて場所が一点に定まれば測位完了ってのが基本。
          測位が終われば電波の飛来時間分補正して大本の時刻を推定することは出来るけれど、
          それは測位が終わったあとの話。

          同一システム内の衛星間時刻差は問題なく取れるだろうけど、
          異システム間だと時刻揃えてない可能性があるからシステム同士の時差補正情報どっかで手に入れないとだね。

          大本の時計は特には要らない。

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

処理中...