パスワードを忘れた? アカウント作成

日本メーカーの積層セラミックコンデンサに強い需要」記事へのコメント

  • by tamaco (19059) on 2022年05月17日 12時59分 (#4250447)

    ムラタMLCCは1005以下の小さなサイズに特化して、1608以上の大きなサイズはとにかく減らそうと躍起になっている印象。
    1005サイズでこんな大容量・高耐圧できました!って持ってくるけど、DCバイアス容量抜けが厳しくて従来品からの代替は厳しいな。

    これでもムラタ:ディレーティング・モバイル専用短寿命品 [murata.com]や、TDA:MLCC寿命 [tdk.com]などを公開しているのはまだ良心的な方です。

    海外競合のyageoやsamsung辺りだと「うちならそんな制限ありませんよ!」って売り込みに来たが、実際耐久性など加速試験やると結構わかる差がみえるほど違いがあったりしました。
    現地生産だとムラタや誘電、TDKだけを使うわけにはいかず、yageoやsamsungを含むマルチソース使えるようマージン持たせる設計が必要だったりします。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2022年05月17日 17時22分 (#4250708)

      リンク先より・・・
      >モバイル機器専用品
      >これらの製品は、モバイル機器、すなわち、一般的に使用期間が5年以下と想定される機器向けに設計されています。
      >(一般品は10年以上)

      これは知らんかった。気をつけよう。
      ウチ、モバイルやってるわけじゃないんで避けなくちゃね。
      逆に、高信頼長寿命ってシリーズはあるのかしらん

    • by Anonymous Coward

      >DCバイアス容量抜けが厳しくて

      >海外競合のyageoやsamsung辺りだと「うちならそんな制限ありませんよ!」って売り込み

      な、なんだってー!
      そんなMLCCがあるならぜひ弊社にも紹介に来てほしい。
      いや、そのまえにエンドユーザーのところを回って「〇〇のMLCCなら
      3.3Vラインのパスコンに4V耐圧の物を使っても全然無問題」って
      納得してもらってきてくれえ!!

      • その前に社内ルールで「耐圧X%以下で使え」ってなってるので無理。
        • by Anonymous Coward

          その社内ルールだと設計が相当に大変そう。というか意味があるのか?

          最近のMLCCは、中身同じでテスト工程だけで耐圧分けてることが多い。
          10V品だろうが50V品だろうが、DC5Vでの実容量はどちらも公称容量の60%ですなんてことが結構ある。
          逆にそこを利用して、部品調達時の代替部品を増やすこともできる。

    • by Anonymous Coward

      電解コンデンサの寿命が困るから大容量セラコンとおもいきや、
      セラコンなのに85℃品とか、モバイル専用で5年とかなのか

      故障した機器は分解して怪しい電解コンデンサ交換とかだったのが、今度はセラコンも怪しければ交換とか大変そう

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

処理中...