パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

すりかえられた著作権法改正案、輸入CDは禁止に」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2004年05月13日 15時03分 (#547157)
    洋楽と邦楽にはさまれて、アジア盤のCDが議論から取り残されているのでは?という指摘があります。アジア音楽(亜楽?)ファンの気持ちはなかなか推し量りようがないのですが、確かにこの話題に関する議論で、アジア製の音楽CDについての言及はあまり見かけたことがありません。

    切り捨てられるアジア音楽ファン【音楽関係者にまで裏切られた!?】 [著作権問題] [kotonoha.main.jp]
    ”冬のソナタ”サウンドトラック輸入盤が買えない! [CCCD/輸入権関連] [babymilk.jp]
    •  あくまでも「アジア向けの日本人アーティストのCD」に対して規制する、というのがそもそもの目的じゃないんですか?
       そこら辺のところを考えれば「アジアのアーティストのCD」は「洋楽」という認識で問題ないと(個人的には)思ってます。
      親コメント
    • 洋=西洋ではないでしょ。
      「洋の東西を問わず」と言う言葉もあるんだし、非邦楽=洋楽ってことになるんでは。
    • 吹奏楽とかオーケストラとかになるとどうなるのやら。
      作曲者が日本人で演奏者・レコード会社が外国のパターンとかありえる訳で。

      #この場合の著作権はどう扱うんだっけ?
      • 著作権者はあくまで作曲者。レコード会社にあるのは原盤権。演奏者およびレコード会社は著作権者に対して使用料を払う。難しい点は特には無い。

        平井堅の「大きな古時計」がヒットしたとき、印税はどうするんだってんで結構話題になってたぞ(アレは結局権利切れてたらしいが)。

      • 知ってる実例なんだけど、所属事務所もレコード会社も日本だけど、日本人プロデューサー、バンド演奏も日本人。でも、作詞・作曲・歌がロシア人、歌詞もロシア語。
        さて、この場合、発表された曲は邦楽でしょうか?洋楽でしょうか?

        • >洋楽・邦楽という区別自体
          私は子供のころ「邦楽」は琴(箏)・笙とか篳篥を使った音楽のことかと思っていました。なので同時代の歌謡曲を邦楽というのは違和感がありましたね。
          #ゲージュツ音楽だと黛敏郎や柴田南雄、林光らを「邦楽」とは言わないらしいので、これまた摩訶不思議(そもそも昨日初演された曲でも「クラシック」と言うこと自体...以下略)
        • 僕が知ってる実例だと、

          ・所属事務所と原盤制作会社は日本人とイギリス人が共同で設立したアメリカの会社
          ・原盤制作会社から原盤を借り受けて全世界に発売するのはイギリスの会社
          ・プロデューサーは日本人とアメリカ人とイギリス人の共同作業
          ・バンドは米

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

処理中...