パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

株式売買で儲けるロボットを創れ!」記事へのコメント

  • 同じアルゴリズムを備えたロボットだらけになったら、市場はどうなるのでしょう?

    # 暴走してバブル?
    • Re:conflict...? (スコア:2, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward on 2004年09月16日 12時47分 (#623189)
      >同じアルゴリズムを備えたロボットだらけになったら、市場はどうなるのでしょう?

      こういう問題を考える際によく忘れられている事実は、
      「売り手と買い手がいなければ取引は成立しない」という
      小学校高学年でも落ち着いて考えればわかる簡単なことです。

      つまり、同じアルゴリズムを備えたロボットばかりになった場合、
      売り・買いの同じ注文しか発生しないため、取引は発生せず、
      市場は動かない、ということになります。

      同じアルゴリズムを備えたロボットが大多数を占めていた場合、
      アルゴリズムが適正値と判断する価格
      (つまり、売り・買い・何もしない・という判断の閾値)
      まで、ロボの集団が鬼のような資金で買い上がる・売り下がるため、
      閾値で停止することになります。
      所詮は不公平に投票権が割り振られた美人投票ですから、
      金があるものの判断は絶対です。
      親コメント
      • by koduckin (15749) on 2004年09月16日 13時14分 (#623202)
        > 「売り手と買い手がいなければ取引は成立しない」という
        そうですね。忘れていました。

        > 取引は発生せず、市場は動かない、ということになります。
        ロボと市場システム(引合と価格付けのルール・エンジン)との間でフィードバック・ループを形成すると思うのですが、その場合「取引が発生せず停止する」(=収束する)こともあるでしょうけど、一定のリズムで猛烈に上がったり下がったりする(=発振する)、ということはないんでしょうか?

        また、ロボだけで占める市場システムでも複雑系でありえるのか、ということも興味があったりします。

        # 株式しろーと
        親コメント
        • by nim (10479) on 2004年09月17日 10時16分 (#623590)
          複雑系の定義にもよりますが、カオス理論では、非常に単純なルールであってもカオスを発生させることが可能です。

          複雑系というのも、元々はこのような単純なルールで構成されるシステムが、手に負えないくらい複雑な挙動をするという現象を研究するものだったと思います。
          親コメント
      • by Anonymous Coward
        現在保有する資金 == 初期値

        にそれぞれ差があるはずなので、同じアルゴリズムでも
        異なる解がでるはずですよね。

        資金力がある場合は、ある程度の損を覚悟で
        利益を生むような挙動をするかもしれません。

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

処理中...