パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

日本は「OSS界のガラパゴス諸島」か?」記事へのコメント

  • あくまで私個人の考え方だとは思いますが、「すべてグローバルに合わせろ」
    という考え方は間違っているように思います。
    むしろローカルの力をグローバル側が吸い上げた方が良いのではないでしょうか。
    スポーツに限らず、ローカルな盛り上がりが終結して全体としての力になるという
    考え方の方が、組織として発展するように思います。

    OSとしてのLinuxでも、日本語に特化したディストリビューシ
    --
    ----------- 一生勉強を続けなきゃ!
    • 英語圏の開発コミュニティを「本家」或いは「上流」と捉え、そこでの開発手法をお手本と考え、
      そこでの貢献を「コミュニティへの貢献」と定義するのであれば、そその「コミュニティへの貢献」のためには、
      とにかくグローバル化する事がいちばん楽だろうなぁ、とは思います。
       言語や文化の違いを理解したり、理解してもらったり、そういうややこしい事は一切考えなくても良い訳ですから。

      でもそれは「上流への貢献を増やしたい人」が楽なんであって、コードを書く人は別に楽にはならんので
      • by mad-p (1491) on 2004年12月04日 6時12分 (#661458)
        いや、コードを書くのは楽なんじゃないかな。
        問題が存在することと、このパッチがそれに対する
        適確な解であることを説得する仕事の方が重要で、かつ難しい。

        「ローカルなコミュニティへの貢献」というのは、
        問題自体やパッチの価値を説明しなくてもわかってもらえる
        人達の間でだけ共有するということであって、
        その方が「言語や文化の違いを理解したり、
        理解してもらったり、そういうややこしい事は一切考えなくても良い」
        世界でしょう。

        ローカルコミュニティーが「コードを書く人が楽になる」
        ことだけで楽してしまってはつまらない、ということですかね。

        結論というか努力目標は同じになるのですが。
        ローカルなコミュニティの貢献が、
        関係するコミュニテイ(あえて上流とは云わない)に
        伝わり易くなる仕組みを作ること、それこそが、
        グローバル化ということだと思います。
        親コメント
        • > いや、コードを書くのは楽なんじゃないかな。
          > 問題が存在することと、このパッチがそれに対する
          > 適確な解であることを説得する仕事の方が重要で、かつ難しい。

          いや、「コードを書く事」が楽、ではなくて、それを「コードを書く人」がしないといけない訳だから、
          楽にはならないんじゃないかと書いたんです。

          ローカルなコミュニティの中というのは、
          「言語や文化の違いを理解したり、理解してもらったり、そういうややこしい事は一切考えなくても良い」
          のではなくて、そういうものが元々存在しない場なんです。そこでの貢献を、
          言語や文化の違うコミュニテ

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

処理中...