パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

世界最強のサブウーファー」記事へのコメント

  • マジレスすると、1Hzでも10Hzでも良いが、この辺は録音時にカットされているからCDで再生しようとしてもソースが無いと思う。
    • CDとアナログレコードの端境期のころのはなしなんだけどさ、
      グラモフォンから出ていたチャイコフスキーの「1812年」のアナログ盤はすごかったよ。

      この曲には大砲の音が入ってるんだけど、レコード盤上でどこで
      大砲の音が入っているか、はっきり指差せたもの。
      整然と並んだレコードの溝が、そこだけ稲妻のよう
      にガクガクってなったいたからね。

      あれなら間違いなく1Hzは録音されてる。
      後はアンプが耐えられるかどうか?

      • Re:マジレスすると (スコア:2, すばらしい洞察)

        by Anonymous Coward
        >あれなら間違いなく1Hzは録音されてる。

        LPレコードだと音盤が約33.33rpm(約1/2Hz)で回転していて、それをアームでトレースしていますから、音盤の偏心や反りがアームを約1/2Hzで揺すっています。仮に1Hzが音溝に記録されていても、カートリッジを支えるアームの動きと大差ない周波数ですから、これを分離不可能だと思われます。

        それと、1Hzの音溝は1回転で約2周期が記録されることになりますから、目で見て稲妻のように感じられることは無いでしょう。
        • by Anonymous Coward
          大砲の音は 1Hz だけではないでしょうから、稲妻に見えてもおかしくないと思います。 それより、隣の音溝に干渉しないか気になります。大砲の部分だけ、間隔を広めにとってたりするのかも。
          • みなさんマジレス深謝

            >それより、隣の音溝に干渉しないか気になります。
            >大砲の部分だけ、間隔を広めにとってたりするのかも。
            えぇ、まさにそこだけ間隔が広くなってましたよ

            • by Anonymous Coward
              別コメントにもありますが、溝の可変ピッチは
              普通に行われていたどころか、ごく基本的な技術です。
              振幅の小さい領域で送り量を減らせばそれだけ収録時間を伸ばせましたので。
              これはターンテーブルの回転周期レベルでノイズが乗ってることを意味しますから、
              今回のウーファーの音源とするにはますます厳しそうです。
              • この技術はおもしろいですね。知りませんでした。情報感謝です。
                言われてみれば、レコードの製造方法そのものを知りませんでした。手作業でピッチを変えてマスターを作って、コピーしていくのでしょうか? ちょっとgoogleっただけでは見つけられませんでした。
                オフトピごめん!
              • by Anonymous Coward on 2005年11月07日 11時13分 (#827469)
                通常の磁気テープのマスターからカットする場合は、
                完全に機械的に処理されていたようです。
                素人考えでも、複数の再生ヘッドを持つプレーヤーを作れば、
                一周前・後の音量を得ることは比較的簡単に思えます。

                ではダイレクトカッティングの場合はと思ったら、
                ここのバリアブルピッチの項 [mac.com]によると、
                録音技師がリアルタイムに手作業で調整したとの記述が…
                職人芸恐るべしというか何というか
                親コメント

ソースを見ろ -- ある4桁UID

処理中...