パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

コミック全ページを無断配信していた 464.jp 遂に逮捕」記事へのコメント

  • 買える本なら買うから… (スコア:3, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward
    単行本未収録作品を公開してくれたほうがうれしいのに。
    (例)
    1)プギ・ポンマリ
    2)横綱大社長
    #偏りすぎ
    • by Anonymous Coward
      たしかにね~~。

      例えばCDでも書籍でも、絶版(というか正式な出版社経由でもすでに買えないもの)なものは著作権放棄というように著作権を改正してほしい。
      つまり絶版したら、コピーして配られようが文句は言えないと。
      著作権を保護する権利は著作権者にあると思うが、著作物を手に入れる権利は消費者にあるのだから・・・都合が良すぎるかな。
      • 絶版というのは、出版社やレコード会社が勝手にやることで、原著作権者が絶版にしようと思ってやるわけではないのでは?

        #いくつか原著作者が絶版にした例もありますけどね。
        • by Anonymous Coward on 2006年02月14日 17時57分 (#883387)

          むしろ、原著作権者に知らされないことすらあるようです。
          「絶版にします」となるのではなく、「品切れになってます。でも増刷はしません」という状況になるようですね。

          以下の文章はなかなか興味深いと思います。
          著書のインターネット全文公開は暴挙か? [www.ne.jp]

          親コメント
          • by tomone (15592) on 2006年02月15日 23時02分 (#884256) ホームページ
            大学の時、先生が自分の執筆した本をコピーで配ってました。
            何故かというと、在庫がないから。
            でも教科書なので、それがないと授業が出来ない。

            先生「授業でコピーを配るから。俺の本だから著作権の問題はない」
            出版社「それは困る。止めてくれ」
            先生「だったら増刷しろ」
            出版社「それは出来ない」

            で、結局コピー。
            --
            TomOne
            親コメント
          • 一応,「絶版」「版元品切れ,再版予定なし」は違います.
            前者の場合,出版社と作者との間の契約が終了するので,作者は別の出版社で出し直すことが可能なのに対して, 後者の場合,契約が切れていないので出し直しはできず, かつ,再版するかどうかの判断は出版社に握られているので,作者は何もできなくなります.
            でも,出版物は何かの機会で急に売れ出したりすることがあるので,出版社はあまり前者にはしたがらず,できるだけ後者にしようとするんでしょうけれど.
            親コメント

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

処理中...