パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

津波対策向けの家庭用方舟「伊勢の方舟」、開発される」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    仕事なくて、笑いをとりに行ったろ?

    • by Anonymous Coward

      一度は考えるけど、実行はしないよなぁ。

      • by Anonymous Coward

        この会社というか社長さん、そんなに不真面目だとは思わないけど。

        想定される311規模の大津波に対してどこまでが被害が想定される区域になるのか明確になっていない以上、太平洋海岸住民が自治体の力を借りずに自衛するにはこういうモノに頼らざるをえないんじゃないかなあ。
        実際、 避難タワー見直しのニュース [yomiuri.co.jp]も出ていることだし。
        勿論、高台に避難するのがベストだけど、高台まで遠

        • by unchikun (14429) on 2011年05月20日 17時59分 (#1955834)

          箱船まで遠い人、特に子供や老人、身障者のように箱船に乗り込むのに苦労する人など、避難タワーの欠点はそのまま箱船の欠点にもなる気がするがなぁ。
          各家庭に設けていたとしても、海浜に遊びにきている人とか海岸沿いをたまたま走行していた人たちだって助かりたいだろうし、その人たちが箱船に押し寄せる可能性も大きいよね。

          まあ大型浮遊物がぶつかっても壊れ難いだけ箱船がマシなきがする。

          親コメント
          • by motamota (30138) on 2011年05月20日 18時14分 (#1955845)

            老人介護施設のように元々そういう人たちが集まっている場所なら有効かも。

            津波でもみくちゃにされたら中の老人は骨折しまくりかもしれないけど。

            親コメント
            • by digoh (17917) on 2011年05月21日 21時50分 (#1956436) 日記

              「岳」を観てきたあとだと
              もみくちゃになってもパーツが揃ってるぶん、バラバラに流されちゃうよりマシかも……と思ってしまった。
              もちろん高台なり何なりで無事で居る方が良いことは言うまでも無いです。

              親コメント

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

処理中...