パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

業種や特許内容によって特許の保護期間を変えるというアイデア」記事へのコメント

  • 何の特許なら短縮するか、議論するだけで永久に決まらないでしょ。
    そもそも、医薬品の特許は「開発に莫大な時間と予算を使って取得された発明」で、
    ITの特許はそうでない、と言いたいだけみたいで納得しにくい。

    • Re:結局 (スコア:5, 参考になる)

      by digoh (17917) on 2012年07月17日 16時26分 (#2194859) 日記

      例えば日本では存続期間は20年ですが、医薬品や農薬は申請により25年まで延長され得ます。
      決めるのは難しいだろうという点には同意しますが、今現在一律固定ではないよ、ということで。

      親コメント
      • Re:結局 (スコア:3, 参考になる)

        by Anonymous Coward on 2012年07月17日 21時40分 (#2195016)

        薬事法による認可が遅れて実施できない期間があったないいとかに限ります。
        やみくもに延長されません。

        親コメント

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

処理中...