パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Kindleで購入した電子書籍はユーザーのものではない」記事へのコメント

  • http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201056380 [amazon.co.jp] から引用。

    制限。別途に明確な記載がある場合を除き、お客様のKindleコンテンツまたはその一部に対するいかなる権利も第三者に販売、借用、リース、配信、配布、サブライセンス、ないしは別の方法で譲渡してはならないものとします。また、Kindleコンテンツ上の著作権の表示やラベルを削除または変更してはならないものとします。さらに、Kindleコンテンツ保護のためのセキュリティ機能を迂回、修正、無効化、回避してはならないものとします。

    • 権利購入して自分の Kindle(アプリ)で読んでるフツーの人には関係ないよね。
      規約違反して消される方がざまぁwww としか。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        紀伊国屋で電子書籍購入してる俺からしたら二人ともざまぁwww としか。

      • by Anonymous Coward

        規約違反してざまあ、と言うのはちょっと乱暴では?
        ここでは規約そのものがどうなのか、という議論なので。
        え、再販も貸し借りもダメ?
        という戸惑いは業界事情に明るくない人なら感じるんじゃない?

    • 要するに、他人に渡しちゃだめだよ、ということですよね。
      その意味では確かに「所有物」ではないと言えそうな気がします。本当に「所有」しているなら、「第三者に販売、借用、リース、配信、配布、サブライセンス...」は制限されない、という理屈になるかなぁ、と。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        少なくとも日本の法律においては、そもそも無体物であるデジタルデータは所有権の客体になれないのでは?

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

処理中...