パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

改正消防法により過疎地からGSが消える「2月危機」」記事へのコメント

  • 地方からあらゆるサービス業が撤退していく、というのは今後のトレンドですね。
    国の方針で言うと、国土の均衡ある発展 ⇒ コンパクトシティ構想への転換ってことになるのかな。
    (撤退のトリガーはいろいろあると思いますが)







    以下、補足。

    【データ】 ※国土交通省の資料 [mlit.go.jp]より
    ・2050年には人口が25%減、高齢化率は20%から40%へ増加。
     (高齢者自体の人口は減ってますが、分母がさらに減っているので、高齢化率は高まる)

    ・地方では人口規模/密度の減少により、1人あたりの行政コストが上昇。
     さらに生鮮食料品店などが撤退、徒歩圏内に生鮮食品店が無い地域が増加。

    --
    人は見た目が120%
    • by Anonymous Coward

      竹島、魚釣島?

      • by Anonymous Coward
        辺境の島嶼防衛では無人の方が国防上なら有利でしょ。実効支配の問題なだけで。
        奪還は陸戦力による防御に比べれば圧倒的に有利で、住民の避難に貴重な海空軍力を割く必要もなく、一旦放棄を含め作戦の柔軟性が出るわけだから。

        というか一般に無人の方が防衛上不利になるという場合が想像できません。
        上陸に気づかれないなんて極小規模な場合を除けば(北朝鮮の工作員とか)偵察衛星を有する国にはあり得ないでしょうし。
        • by Anonymous Coward

          近所の大きな国の方は、まずは民間人(を装ってるかも)が上陸して既成事実を作ります。
          かの国だって、民間人が住んでいる島に上陸して強制排除なんて簡単にはできません。
          裏を返せば、我が国だって住み着いちゃった人を強制的に排除するのは難しいんです。
          だから公務員を常駐させろ、って話が出てくるんです。(是非はともかく)

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

処理中...