パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

音楽業界低迷の本当の原因は、少子高齢化か?」記事へのコメント

  • 職場の有線放送なんかで、館内BGMにと強制的に「イマドキの音楽」を聞かされてると、何でこんなのに金を払う必要があるんだと苛立たしくなるほど酷い曲がしょっちゅう。
    ヘタなラップもどきはお念仏のようだし、ちょっとドライブ感のある気になるフレーズのある曲には稚拙な歌詞が乗っていてノれないし、そうかと思えばチャチなガチャガチャした曲に聞くに堪えない音程の歌が乗る…まあ、職場で切れるわけにもいかないから、意識して音楽を無視する訳です。
    で、イマドキ音楽全般に拒否感を抱いてしまい、もう何年も「好きになりそうな音楽を探そうともしていない」状態が続いています。

    結局聞くのはガキんちょのときに見出した「ノれる曲」数百曲分を頑張って生活費から捻出した金で買いあさったCDから一生懸命貧弱なマシンリソースを酷使してMP3化したライブラリから…というのが現状ですかね。

    売れてないのは粗製濫造の結果じゃないか?と常々感じています。

    --
    # 爆言のち漏電中… :D
    • by Anonymous Coward on 2013年02月14日 20時45分 (#2325286)

      音楽は、100-200年前で完成してしまったんじゃないかな。
      20世紀以降で音楽と呼んでいいものなんてほとんどないとすら思う。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        頭が受付ける音楽が100年前に固まってしまった人には20世紀に生まれたジャンルは苦痛だろうね。

        # 長生きな人だ

        • by Anonymous Coward

          いわゆる(クラシックで言う)現代音楽ってよくわからないんだけど、
          おそらく一般人の感覚よりも最先端を走りすぎてるんだろうと思う。
          最先端の音楽が一般人に分かるようになるには、100年くらいかかるってことでしょうか。
          ということは、現代の一般人が理解できる100年前の音楽は、
          100年前の人は理解できなかったのでしょうかね。

          # 一般人向けの最先端の音楽は、一般人向けなのだから一般人が理解できて当然なのだけど。

          • by Anonymous Coward

            12音技法なんかは、100年程経ってるけど、恐らくあと100年過ぎても一般の人は聞かないだろうね。
            調性の無いものは無理だよ思うよ。素人が出鱈目に鳴らしてる音と区別がつかないもん。

            • by Anonymous Coward

              12音はちょっと無理。
              でもストラビンスキーぐらいの現代さは好き。1拍子から13拍子まで全部出てきても、全く違和感ない。[春の祭典]

          • by Anonymous Coward

            初演から絶賛された曲もあれば、作者の存命中ずっと散々だった曲もある。

            でも、音楽の良し悪しは聴衆に受けうるかどうかじゃない。
            それなら今のポップスだって良いってことになってしまう。

            下の方にリズムが発達したって言ってる人がいるけど、
            目新しいだけの変なリズムは良いリズムではないよ。

        • by Anonymous Coward

          別段長生きでもないんだが、生まれる前に頭が固まっていたのか、私は。

          • by Anonymous Coward

            遺伝子に組み込まれているのでは?

      • by Anonymous Coward

        音楽の要素がメロディとハーモニーだけならそうだろうね。
        でももう一つの要素、現代の音楽のリズムは19世紀末から飛躍的に発達したと思う。

        音楽の教師をしていた祖母(クラシック派)がJazzに関して、
        「ありゃリズムのお遊びやね」と言っていたのを思い出す。

        • by nemui4 (20313) on 2013年02月14日 23時36分 (#2325429) 日記

          ラップは言葉のお遊びですかね。
          その昔の日本なら都々逸やら演説歌と呼ばれていた頃の演歌もそうなのかな。
          #音楽はいいねぇ、 リリンの生み出した文化の極みだよ。

          親コメント
        • by SteppingWind (2654) on 2013年02月15日 9時42分 (#2325687)

          そういう時代背景を考えると, 伊福部昭の日本狂詩曲 [wikipedia.org]がヨーロッパで絶賛され, 日本で無視されたのも頷けるものがありますね.

          日本人が聴いたら「ありゃ祭り囃子やね」ですから.

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          いわゆるクラッシック(現代音楽以外)って、ハーモニーが突出して発達してるよね。
          旋律やリズムに関しては、アラブやインド、アフリカなんかにもっと複雑なのがあるからね。

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

処理中...