パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

自然界には存在しない塩基対を持つDNAを組み込んだ細胞の作製に成功」記事へのコメント

  • 国際塩基配列データベースで使用する核酸コードに、
    y (c or t) = pyrimidine って先約があるのに、
    "Y"(論文中ではY'とy)を使ってしまう配慮の無さでげんなりするんだが、、、
    "X"もリピートマスクなどでマスクに使用する半ば先約された状況にあるし

    つかNatureの査読も指摘しろよ

    • なるほど、著者らには、未使用のアルファベットから好きな2つを選んで論文ではそれを使うことで、そう呼ばれるのを定着させる、という戦略もあり得たわけですね。

      今後、組み込めただけではなく、実用的な効果が得られる人工塩基の使い方が研究されていく内に、「定番の人工塩基」が見いだされるなら、それらには新たにコードが割り当てられることになるかもしれず。もしかすると今回の2つの塩基は、組み込みやすかったけど実用的な応用法が見いだされない可能性もあるわけで。

      「世界で初めて組み込みに成功した人工塩基」というだけの役立たずな物質に、数少ないコードを割り当てるなんてもったいない! ということになるかもしれないので、その前にさっさと既成事実を作ってしまうというのんはありですね。さすがに、そんな記念のために、既存データベースとの整合性を壊してまでX/Yが割り当てられることはないでしょうし。
      親コメント
    • by Anonymous Coward

      しかたないんじゃないですかね。今はX/Yが最新版で、B/Wはもう古いですから。

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

処理中...