パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

フランス、2040年までにガソリン車やディーゼル車の販売禁止へ」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2017年07月10日 13時36分 (#3241961)

    ガソリンエンジン・ディーゼルエンジンのみの車の販売停止、というのは分かった。
    EV推進というのも分かる。

    では、ハイブリッドはどうなのか?
    プラグインハイブリッドは?
    EV+レンジエクステンダーはどうなの?

    そこらへんの情報が無いんだよね…。

    まぁ欧州の戦略としては、ハイブリッドで立ち後れたので、EVのみ、としたい所だろうけど、航続距離問題があるのは否めない。
    そこでレンジエクステンダーを持ち出すと、ハイブリッドとの境界が曖昧になるよね。
    ※カリフォルニアのZEV規制みたいに、ZEVで走れる割合とかで判断するんだろうけどね。

    2040年というかなり先の目標設定でもあるし、現大統領の人気取りのための、リップサービスに近い思いつき発言じゃないかって気もします…。
    トランプへの当てつけかもな。

    • 23年後までに、って話でしょ。 そんなの誰も覚えていないって。
      親コメント
      • by Anonymous Coward

        だから、思いつきのリッピサービスじゃ? って話なんじゃね?

      • by Anonymous Coward

        いわゆる「後は任せた」ってやつですよ

        • by Anonymous Coward

          23年後でも今のトランプより遥かに若いからなぁ。大統領は無理でも何らかの公職に就いている可能性はかなりあるんじゃないか。

    • by Anonymous Coward

      航続距離問題というか、バッテリの価格と重量問題だよね。

      電池は、単純に増やせば比推力据え置きで航続距離が伸びる。でも数年分のガソリンを一気に買うようなコストがかかり、
      ワンクラス上の車並みに重量が増える。だから現実的な価格や車重にすると、劣化を防ぐ余裕が取れず話題のリーフのように
      車の寿命より早く電池の寿命が来て、交換する羽目になる。

      電池のコストダウンや高密度化が追いつかないなら、シリーズハイブリッドをEVとして認めてしまうのはありだと思う。
      エンジンと駆動軸が機械的に結合していない限り、技術的にはEVだし。

      • by Anonymous Coward

        ZEV(ぜろ・えみっしょん・びーくる、EVではない)の話してるんだから、そもそもハイブリッドはお門違いかもしれないんだよね。
        環境問題についての、特にCO2の話題なので、動力が何であろうと、動力源が化石燃料ならNG。

        それが証拠に、石炭火力の全廃も話題に入ってるわけですよ。
        EVの電力の元が石炭じゃ温暖化対策として意味無しなので。

        排ガスの都市大気汚染から見れば、シリーズハイブリッドは有益と思うのだけども。
        低燃費によるCO2排出低減も見込めるし、CO2排出としても無意味とは言わない。

        でも、だからといって、ZEV(無公害車)であるEV(正確を期するならBEV)扱いするのは無理で

        • by Anonymous Coward

          最終的なBEVへの移行を促すためにシリーズハイブリッドを認めることは必要悪としてもだめだろうか。
          バッテリ技術が進んできたら、明日からは内燃機関は取り外すようにと指示してしまうわけ。

          純内燃機関車とZEVをキッチリ分けてしまうと移行が遅れて、トータルで使われる化石燃料は増えやしないかと思う。

          • by Anonymous Coward

            >最終的なBEVへの移行を促すためにシリーズハイブリッドを認めることは必要悪としてもだめだろうか。
            マクラーレンやポルシェのハイブリッドが環境に良いだろうか?とか考えるとね。

          • by Anonymous Coward

            まず、純内燃機関車とZEVをキッチリ分けることは絶対に必要。当たり前でしょう、ZEVの定義って何だよw

            というかだね、ZEVには段階があるんですよ。
            ZEVで走れる割合、と言った方がいいか。

            シリーズハイブリッドでも、バッテリ容量次第では、ほぼガソリン車同様のものから、プラグインハイブリッド、レンジエクステンダーと幅があるわけ。
            一般的な使い方で、BEVで走れる時間、つまりZEVで走れる割合を見て、こいつは100%ZEVだ、このハイブリッドは10%ZEVだよ、とか評価するわけですよ。

            今、丁度移行期なわけで、技術が足りないからこそのハイブリッドです。
            そして、例えばカ

            • by Anonymous Coward on 2017年07月10日 17時40分 (#3242078)

              バッテリー劣化って、75kWh積んで80%に充電制限すればほぼ問題ない [wordpress.com]んじゃないの
              リーフだけがなんで5年で40%が消えるみたいな激しい劣化の仕方をしているのか意味が分からない

              親コメント
              • by Anonymous Coward

                使い方が激しいのだと思いますよ。
                マンション住まいとかで家庭用充電設備が無くて、急速充電頼みだと、劣化は進みやすいと思います。

              • by Anonymous Coward

                要はインフラが足りないんだよね。
                かといって、昔からあるマンションにちょっとした変電所レベルのキャパシティを求めても無理だろうし。

        • by Anonymous Coward

          ZEVというのは元々カリフォルニアの排ガス規制のランクの名前なので、それをカリフォルニアの排ガスに当てはめた場合以外の使い方すると訳がわからなくなるんです。

          更に訳がわからなくしてるのはP-ZEVの存在なんでしょうが。

    • by Anonymous Coward

      ハイブリッド車は40年の段階では問題ないらしい。順調に進めばやっぱハイブリッド車も40年で販売禁止となるかもしれないし順調に行かないと40年の段階で2200年までハイブリッド車オッケーと言い出すかもしれない。
      どうせなら燃料電池車にすればいい。どうせリチウム電池や鉛電池に充電する方式でもガソリンスタンドは電気スタンドに改造せにゃならん。だから水素スタンドに改造するのも同じことだ。それならバッテリーが安上がりな燃料電池車の方が良い。何なら水素は水素ステーションで生成するのも良い。副産物として出る酸素は取っておいて販売するか火事に注意しつつ排気するのが良い。
      カーボンニュートラルのことを言うなら製造時のことも考える必要があるんだけどね。

      • by Anonymous Coward

        水素スタンドなんて危なっかしいものはその辺には作れん。車両に詰めたまま保管させるにも怖すぎる。
        電気自動車が普通の駐車場でも一旦専門家が電線を引けば無資格者でも充電ができるのとはまったく違う。

        • by Anonymous Coward

          ガソリンと大差ない

          • 大気開放しちゃえばガソリンより安全

            親コメント
          • by Anonymous Coward

            電気自動車なら危険物資格やスタンド自体がいらない

            • by Anonymous Coward

              今後、充電容量が上がったり、それに現実的な時間で充電するために充電電圧を上げればそうは言ってられないかも。

              • by Anonymous Coward

                CCS Combo 2で350kWまでは既に決まっていて何の問題もない
                電気自動車はまだ一切量産されていないという心構えでいるなら知らん

              • by Anonymous Coward

                自家用乗用車を家庭もしくは駐車場で充電するのに限ればそうかも。
                でも、この話ってトラックは除外とは言ってないから、バスもトラックも全部だろ?
                それらはまだ実用化されていないし、使うエネルギーと充電時間への要求は自家用自動車とは全然ちがう。
                そういうのも含めれば、無資格でってのはないんじゃない?

              • by Anonymous Coward

                どうしても有資格者を置きたければバスやトラックの車庫に置けばいいし、超大電流対応のスタンドに置きたければ置けばいい
                しかし自家用車やマイクロバス程度の話であれば電気自動車の充電は駐車場程度の安全管理でよいという点で水素とはハードルが大きく違う

            • by Anonymous Coward

              その充電する前の電気はどこに貯めるんだよ?
              特に自然エネルギー発電は需要に応じてた発電ができないのだが。

              • by Anonymous Coward

                そんなのは電力網の問題でスタンドの安全性とは関係ないし、供給に応じた充電でもさせればいい

              • by Anonymous Coward

                つまり晴れの日の昼間だけ充電可能ってか。

            • by Anonymous Coward

              #3242112に言わせると、燃料電池自動車は電気自動車に含めないらしい。

            • by Anonymous Coward

              全量が電気自動車となったときに、ヨーロッパの古風な物理インフラストラクチャで、
              すべての電気自動車に満足な給電をまかなえるほどの電力網の余裕が果たしてあるかねえ…?

              今も電力網が貧弱なカリフォルニアでは「あの家がテスラを買ったら停電が頻発するようになった」とかがあると聞くし。
              (日本は大きめのトランスで多めの世帯に一括供給だが、米国は小容量のトランスで小世帯に供給が多く、余力が少ないそうな)

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

処理中...