パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

なろう異世界ものの特徴は投稿システムに最適化した結果、という説」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    色々読んでいますが実際に書籍化までこぎつけている作品は情景描写と会話のバランスがよく一話単位の文章量も多いという印象です。
    会話中心の作品が多いのは小説を書き慣れていないまさに「なろう」としている人達がたくさんいるからなのではないでしょうか。

    • by Anonymous Coward

      >書籍化
      すでに玉石混交ですよ。(100以上は書籍化してるんじゃないかな)

      ちゃんと編集がついて仕事している作品は、書籍化でおおきく化けます。
      (ストーリーやキャラの主要な所をベースに、文章の添削だけでなく
      章の前後などを変えて面白く見せたり)

      逆にそのまま書籍化しているものは、「なろう」で読めばいいじゃんレベルの
      購入に値しないものが多いですね。
      (書籍1冊で見たときの起承転結が作られてないことは多く、
      逆に、各話で読ませる物だと成功しているパターンもあります)

      • by nnnhhh (47970) on 2019年02月26日 17時56分 (#3571586) 日記

        大化けするものとしない(してない?)物は出版社が違ったりするんすかね
        A社が出版した奴は本で読むのがオススメ
        B社が出した奴はWebで読めばいいじゃんとか

        それとも担当者レベルだったりするんだろうか

        親コメント

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

処理中...