パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

小惑星探査機はやぶさ、試料採取に成功」記事へのコメント

  • ふたばからこぴぺ (スコア:5, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2005年11月26日 23時37分 (#838467)
    (´・ω・)「ふぅ…なんとかサンプル取れたかなあ?あとは帰るだけだお」
    (´・ω・)「体のあちこちが痛いお…でもコレ持っていかないと。みんな待ってるお」(`・ω・´)「ガンガル!!」
    (´・ω・)「宇宙は寒いよ…寂しいよ…ち、地球だ!見えてきたお!」
    (`・ω・´)「カプセル、投下!受け取って…」
    (´・ω・)「ふうっ…終わったお…疲れたなぁ…ああ、地球がどんどん離れていくお…綺麗だなあ…」
    (´・ω;)「地球か、なにもかも懐かしいぉ、これで本当のお別れだぉ
           石入ってたかなあ…無かったら、みんなゴメンだぉ…」
    • Re:ふたばからこぴぺ (スコア:2, おもしろおかしい)

      by Anonymous Coward on 2005年11月27日 16時58分 (#838639)
      おーーーーーーーーーーーーーーい!


      # ミネルバ、魂の叫び

      親コメント
    • なんというか、アメリカのスペースシャトルではやぶさ本体を回収してもらいたいですね。

      カプセルの大気圏投下は実験する必要があるのかもしれないけど、それはスペースシャトルでカラのカプセルを持っていって落っことして実験OKということにして、はやぶさ本体と試料の入ったカプセルは、シャトルで回収して記念に飾りましょうよ。

      ところで、はやぶさ本体は地球から遠ざけて破棄するんですか?大気圏で燃やしちゃうんじゃなくて?
      親コメント
      • by taka2 (14791) on 2005年11月27日 0時09分 (#838476) ホームページ 日記
        はやぶさ本体は人工衛星ではなく人工惑星なわけで、
        人工衛星であるシャトルが秒速8km、高度は最高でも600km程度なのに対し
        人工惑星であるはやぶさは秒速12km、しかも、高度38万kmでカプセル切り離し予定です。 [isas.jaxa.jp]
        スペースシャトルごときでは届かないぐらいの高度・速度なのですが…

        まあ、はやぶさが地球に近づかない点については、軌道修正はできるかもしれませんが、
        速度の違いはどうしようもないです。

        さらに何年も掛けてスイングバイ減速すればランデブーも不可能じゃないかもしれませんけど、
        手間のわりにメリット少ないでしょうね。
        親コメント
      • by Anonymous Coward on 2005年11月27日 0時11分 (#838477)
        今のところ、観測機器へのダメージは少ないようなので、
        技術試験衛星として、民生品の宇宙における使用実績を
        ぶっ壊れるまで上げて欲しい次第です。

        http://srad.jp/comments.pl?sid=271169&cid=782679

        そういえばハレー彗星の観測のとき、アメリカは
        8年前にジャコビニ・ジンナー彗星の観測に使って
        そのままだったICE探査機を尾に突っ込ませました

        http://www.so-net.ne.jp/SF-Online/no17_19980725/special1-1-3.html#%82h%82b%82d
        親コメント
      • by Anonymous Coward on 2005年11月27日 0時11分 (#838478)
        ・惑星間航行状態から精密に誘導してカプセルを投下
        ・惑星間航行速度(秒速約12km)での大気圏再突入によるカプセルの耐熱材試験
         (空力加熱が地球周回軌道からの大気圏再突入とは比べ物にならない)
        も重要な工学試験です。

        はやぶさ本体と地球との相対速度は秒速約12km、地球周回軌道上のシャトル等は秒速8km、うまく軌道が交差するようにしても速度差がありすぎて回収は不可能です。
        親コメント
        • 帰りの工程のミッションもとんでもない高度な(惑星間航行状態からの帰還って世界初・・でしたっけ?) 技術を必要とするわけですねぇ・・ つくづく「はやぶさ」って野心的なミッションなんですね。
      •  カプセル分離の後はやぶさ本体は、搭載機器による各種観測を行ったり、搭載電子機器の放射線による劣化を調べたり、イオンエンジンを推進剤が尽きるまで動作させて試験したり、等々、最後までしゃぶり尽くされるのではないでしょうか。

         ただ、リアクションホイールが故障しているために姿勢制御に推進剤が必要なので、太陽電池を太陽に向けたり固定式の高利得アンテナを地球に向けたりが必要なはやぶさはあまり長期の延長ミッションはできないでしょうね。

         まぁ、そんなことを考える余裕ができるのは2年後に無事に帰ってきてからですけど。
        親コメント
        • by WindKnight (1253) on 2005年11月27日 12時16分 (#838584) 日記
          一通り仕事が終わったら、安定軌道に遷移させて、回収できる日がくるまで、キープできれば良いですね。

          100年もすれば取りにいけるでしょうし。
          親コメント
          • by bakuchikujuu (16666) on 2005年11月27日 23時04分 (#838715) ホームページ 日記
             以下の一節が思い浮かびました。

             以前、太陽系でパイオニアだかボイジャーだかを見物に行くという観光ツアーがあったって話だ。観光会社が、賞金つきでその探査機のありかをさがしてるって話だったかもしれない。俺はそれを聞いて、わけもなく腹が立った。
             そっとしておいてやればいいじゃないか! (中略)
             だが、そんな昔の探査機だって、飛ばした奴は宇宙が大好きだったに違いない。そいつがもしも生きていたら、この先何万年でも宇宙を飛ばしてやりたいに決まっている。(以下省略)

            (谷甲州, 1985, 「仮想巡洋艦バジリスク」 ハヤカワ文庫 より)

             100年後では、技術的な価値はなくて歴史的な価値しかないでしょう。ならば、そっと太陽の周りを回らせておきましょうよ。

             また、歴史的な価値としても、運動量の保存について : 航天機構 -lifelog [biglobe.ne.jp]に「軌道上の宇宙機は、運動量すら遺構として保存できるのだ。」という興味深い意見があります。
            親コメント
            • そんなことばかり繰り返して「宇宙はごみで溢れている」なんて状況に陥るわけですね
              • 低軌道ならデブリ屋の活躍を願わねばならないでしょうが、太陽系内と考えると地球上にそれだけのものを上げ続けるだけの資源があるかどうか。
                なのでまあ心配は要らないでしょう。

                #でも昔は海に捨てときゃオッケーだった時代もあるわけだしなぁ…

                宇宙を満たすのは、夢や希望だけにした方が良さそうです。
                親コメント
              • それは衛星軌道のゴミに対してすべきツッコミでしょう。

                探査機に対して言うのは、的外れでは。
          • by e2718 (23583) on 2005年11月27日 14時29分 (#838612) 日記
            はやぶタンは、お星様になったのよ
            ほら、お空を見上げてごらん

            て感じですか?

            #地球に回収して、研究・展示も良いが
            #伝説として、空に浮かべて
            #世界中から見れれば、それも良いかも

            あんなちっこいの、地上から見えねぇよ>俺
            親コメント
          • Re:ふたばからこぴぺ (スコア:1, おもしろおかしい)

            by Anonymous Coward on 2005年11月27日 15時50分 (#838623)
            もう一回イトカワに着陸させて置いときましょう。
            10年もすればイトカワ星人が修理・改修して使ってくれますよ。
            親コメント
      • by Anonymous Coward on 2005年11月27日 0時02分 (#838474)
        確かに,長い距離を航行した機体がどうなっているか,というのは非常に気になりますね.
        今後の貴重な資料にもなるでしょうし.

        宇宙空間で破棄と言うのは,あまりにも気の毒な気がします.
        親コメント
      • 大丈夫、火星と太陽の間を回ってるってことですから、がんばって長生きすれば火星旅行の途中に会えますよきっと。 もし傷みが激しければ月の惑星探査博物館あたりに収蔵されちゃうかもしれませんが。
    • Re:ふたばからこぴぺ (スコア:1, おもしろおかしい)

      by Anonymous Coward on 2005年11月27日 1時48分 (#838511)
      最近歳のせいか涙腺が緩いので泣いてしまうかもしれません
      親コメント
    • お疲れさま、よく頑張ったね [akm.cx]

      http://www.101fwy.com/

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

処理中...