パスワードを忘れた? アカウント作成

こちらは、funakichiさんのユーザページですよ。

6591611 comment

funakichiのコメント: 全く素人の戯言ですが (スコア 1) 2

多世界解釈的なイメージでは、観測によってAが縦を観測する世界が選択されたら、Bは「初めから」横である…という風に日頃思っております。
Aで縦を観測してBで横を観測することになる世界と、Aで横を観測してBで縦を観測することになる世界が混合してる状態が、観測によってどちらかに確定する…というようなイメージ。
そこには、通信の速度を問題にする余地ははじめからなく、多世界の時空連続体の幾何学の問題にすぎない…。
さらに言えば、もし多世界が現実に存在するなら、Aでの観測とは全く独立・無関係ににBでの観測が行われるのであり、Bでの観測は全くランダムに起こり、Bの観測後にBに対して知らされるA’の結果が相関しているだけである…。(一般にAとA'は世界が異なる)
5986760 comment

funakichiのコメント: Re:数学がいる例 (スコア 1) 192

画像処理と応用範囲はオーバーラップしてるけどコンピュータビジョン(顔認識とか)や機械学習にはまた別の数学分野が必要ですね。

「数学がいらない」とかいう認識であるうちは、世界をリードする技術要素となるテクノロジを生み出すシリコンヴァレーのようなベンチャ企業はでてこないと思ってるけどなあ。

同意。
ずっと3Dゲームエンジン作る際に線形代数とか使ってましたが「事前演算済み放射輝度伝播」というレンダリング技術がSiggraphで提案された時(もう十年以上前か)、量子力学とかで使われる「球面調和関数」を使ったと聞いたときはのけぞりましたねぇ。

3152849 comment

funakichiのコメント: 修復?排除?淘汰? (スコア 1) 1

by funakichi (#2151660) ネタ元: 進化:自己調節されていた変異率

非常に興味深いですね。
なんらかの進化をドライブする機構が進化してるってのは、あったら面白い。

ただ、“変化するとたいてい死ぬ”部位での変異は中立的である部分がそもそも少ないってことではないんですかね?
変異→立体構造の変化→活性の変化になるような配列部分の割合が相対的に多くて淘汰されてしまうために結果として中立変異も少ないように見えるとか
同じような働きをするブロックが複数あり,一個が壊れてもそれなりにやっていける部位の変異率が少ないというのはまさに淘汰のせいのように思えるんですが。
統計処理で中立的な部分を抜き取るという作業が可能なのかというのがよくわからんです。
部位によって活性に影響する大きさが違いそう(=淘汰圧に差がありそう)だから、多形を持ってない部分を重要部分として単純に排除するんじゃダメそうだし、でも逆に変異量から重み付き評価したら変異率の差も消えてしまいそうだし…

2834368 comment

funakichiのコメント: Re:制度が悪い (スコア 1) 152

有効な資金需要が生まれず、海外に資金が向かうのは円安要因ですよ。(円を売って海外資産に投資する)
円安はインフレ要因ですし。(輸入品の値段が上がる)

有効な資金需要については、緩和的政策下でのインフレは貨幣減価による消費増加要因(持ってるより使っちゃったほうが得)、実質利子率が低くなることでの投資増加要因と言われてますね。あと給与所得の伸びがどうしても物価の伸びに遅れがちなことで雇用増加要因とか

2138551 comment

funakichiのコメント: Re:だから (スコア 1) 56

こういう気圧配置の時は、同様の気圧配置の過去のデータから降水確率X%とか計算するらしいですから。 砂漠にも年に何回かは、雨が降りそうな気圧配置が予想されて、そういう時は降水確率も高めに出るんじゃないすかね?
937732 comment

funakichiのコメント: Re:連想 (スコア 1) 3

そうなんですね、やっぱり。

水温上昇でサンゴ死滅というニュースとか読んでアレレと思ったり、むしろ海水自体に負帰還作用があるんだとか、それはそれで酸性度が上がって珊瑚が死ぬんだとか読んだりで、まあ、難しそうだなとは思ってたとこにこのエントリを読んで連想した次第です。

typodupeerror

長期的な見通しやビジョンはあえて持たないようにしてる -- Linus Torvalds

読み込み中...