パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

鬱になる SF 作品、あなたのナンバーワンは? 」記事へのコメント

  • ジェイムズ・ティプトリー・Jr 「たったひとつの冴えたやりかた」

    鬱というより泣けますが。

    • "回収ボックスに詰められた最後のメッセージを聞く父親"
      というラストがよろしいですかね。

      #新訳出てるんでしたっけ
      親コメント
      • やっぱりあったか、gojiさんのコメントにも、firkraggさんのコメントにも賛同。

        # 新訳でてますが表紙のデザインが好き嫌いありそう

        --
        Copyright (c) 2001-2014 Parsley, All rights reserved.
        親コメント
        • by Anonymous Coward

          > 表紙のデザインが好き嫌いありそう
          氷菓や死のワナの地下迷宮→デストラップ・ダンジョンの変わりっぷりに比べたら誤差の範囲
          後者は表紙だけで鬱になれそうだ

          • by Anonymous Coward

            氷菓のアレは「帯」です。

    • 著者自身の最後の振る舞いも、この作品のタイトルに表わされているような気がします。
      何年も前から遺書を用意して、その時が来たらこうしようと決めていたそうですね。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        題名だけなら「愛はさだめ、さだめは死」がある。
        …ことはここに来る人ならたぶんわかっている

        ヒトじゃないのが感情移入しにくいんだろうな。

        • 私も「愛はさだめ、さだめは死」に一票。

          「たったひとつの冴えたやりかた」って新訳になったんでしたか? 表紙が変わっただけで、中身は同じと思っていました。買ってみようかな?
          前の表紙は好きだったのですが、今の表紙もまあ良いか・・・ 僕は出版されたときに読んだので、衝撃がありました。
          親コメント
          • 個人的には、「ビームしておくれふるさとへ」に一票入れたいですね。

            ティプトリーの作品の中でも、ダントツに救いが無い作品だと思いますし。

            #あれのラストの解釈は何通りもあるだろうけど、本当に転送回収されたんだったら良いのにねぇ。と思えてならない。作者の末路を思うと特に。

            --
            若者は老人が馬鹿だと推測するしかないが、老人は若者が馬鹿であることを経験で知っている
            親コメント
          • by Anonymous Coward

            >「たったひとつの冴えたやりかた」って新訳になったんでしたか? 表紙が変わっただけで、中身は同じと思っていました。買ってみようかな?

            文庫の表紙替えのあとに、改訳新装版としてでています。ただし1話だけなのでお勧めできません。

    • ティプトリーJrなら、「すべてのまぼろしはキンタナ・ローの海に消えた」のほうが鬱になれました
      なんというか、ブラックな無力感が

      親コメント
    • by Anonymous Coward
      「主人公の中二病が痛い」と最初に読んだ中学生の時に思った記憶がある。
      もっと考えろとか、決めつけるなとか、英雄願望だろそれとか。
    • by Anonymous Coward

      涙腺ゆるくなっているので、タイトル見るだけで泣きそうになる。

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

処理中...