パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

アメリカ中西部の警察が犯罪を禁止」記事へのコメント

  • >気温が低過ぎてディーゼル燃料がゲル化し、車が動かなくなる事態も起きている( CNN)。

    「モービル1なら大丈夫」のCMを思い出した人はオッサン。

    • by Anonymous Coward

      東北、北海道の寒冷地では冬になると軽油に灯油成分を混ぜて凍結対策にしている。
      アメリカじゃあやらないのかな?

      • by Anonymous Coward on 2019年02月02日 10時05分 (#3558674)

        冬軽油の設定はありますが、ここまで温度低いと向こうだと北極圏向けの特別な軽油じゃないと無理のようです。
        Arctic dieselと呼ぶらしいですが、当然こんな地域ではまとまった量は手に入らないでしょう。
        日本だとJISの特3号軽油が-30℃まで対応してます。

        そもそも普通に売ってる自動車は-30℃以下だとメーカー保証外で、-35℃になるとクーラントが凍ります。
        毎年それ以下の気温になる地域では、駐車中はブロックヒーターという家庭用電源から引っ張ってくる電熱ヒーターでクーラントを温めます。

        親コメント
        • by Anonymous Coward on 2019年02月02日 15時25分 (#3558833)

          ノルウェーでEVがえらく売れてる理由がそれみたいね。
          車庫に電源というインフラが整備されてるのでEV化がスムーズだとか。

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            EVに積んでるバッテリってどのくらいの温度まで使えるんだろ

            • 少なくともテスラだとバッテリーの温度をある程度の範囲に保つために(止まっている間も含めて)電気を使ってバッテリーを冷却または加温してますよね。

              冬季のドライビングにおけるアドバイス [tesla.com]

              充電しないままで置いておくと、「1日当たり1パーセントの電力を消費します」とありますが、これは気温によって「ずいぶん」変わるようです。

              --
              #説明責任はないです
              親コメント
            • by Anonymous Coward on 2019年02月02日 22時30分 (#3558982)

              同じリチウムイオンでも、電極や電解質によって結構違う。
              スマホやノートPCに使われてる高容量のコバルト系は、0度以下で充電すると劣化が激しい。下手したら、リチウムが析出して故障する。

              EVで使われてるマンガン系、ニッケル系、鉄系、三元系は、コバルト系ほどじゃないけど0度以下の充電は劣化を起こす。低温だと内部抵抗が上がって出力が下がる。

              一部のハイブリッドとか電動工具とかに使われてるLTO系は、容量が少ない欠点はあるけど、-30度ぐらいまで充放電できる。

              違いはあるんだけど、どれも液体の電解質を使ってるので、液体の性質が変わらない範囲の温度でしか使えないのは一緒。
              次世代の全個体電池は、この部分が固体で低温でも性質が変わらないので、電池全体としても低温に強くなるらしい。

              親コメント
        • by Anonymous Coward

          北海道だと-30℃の動作要件出てくる事有るけどなぁ…
          自動車だめだったのかw

          • by Anonymous Coward

            普通は、寒冷地仕様のみの可能性はありますが、-30℃までは保証してます。
            保証は-30℃以上だから保証外は-30℃未満じゃね?というのはその通りです。

            -30℃より下の温度は普通の場所に建てる低温試験室では対応してないです。
            冬場の夜なら一時的に-40℃くらいまで下げられるのですが、試験している間に徐々に温度が上がっていくのを見たことがあります。

ソースを見ろ -- ある4桁UID

処理中...