パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

世紀の大発明?Wheel+Tire=Tweel」記事へのコメント

  • デビューはハイテク車椅子「iBOT」およびセグウェイの四輪モデル「ケンタウルス」で、一般的な自動車の世界にやってくるにはあと10から15年かかると同社は予測している。

    Responseの記事の”乗用車に履かせたトゥイール [response.jp]”という写真を見ると、一般的

    • by hanetaro (21793) on 2005年01月13日 16時17分 (#678531)
       とりあえず着けて走れるって段階なだけでは?
       市販車に使えるって状態にするには、耐久性、色々な局面での安全性、コストなどの検討事項が色々あると思います。
       まずは車椅子やセグウェイなのはあまり高速回転しないからではないでしょうか?
      親コメント
      • by digoh (17917) on 2005年01月13日 17時27分 (#678558) 日記
        あと、十数年あったら他のコメントで懸念されている(あるいは現状のタイヤの方が優れているように思える)箇所の
        解決案ができているだろう、という見方もできるかも。

        空気圧の調整に変わる、トゥイール独自の調節様式とか。
        車輪の”硬い場所”を細かく調節できたりすると面白いかも。
        とりあえず一本の左右で硬さが変えられるだけでも使い道ありそう。
        ある角度ごとに硬い/柔らかいが交互に現れるようにできたり。
        親コメント

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

処理中...