パスワードを忘れた? アカウント作成

Idle.srad.jpは、あなたの人生において完全な時間の浪費です。見るなよ、見るなよ。

14998851 submission
宇宙

木星と土星、12月下旬には満月の見かけの直径の4分の1ほどまでに接近

タレコミ by headless
headless 曰く、

最近は日没後の南西の空に並んで見える木星と土星だが、今後日を追うごとに近付いていき、12月下旬には最接近するそうだ(国立天文台 - ほしぞら情報)。

木星と土星が最接近するのは12月22日3時頃だが、日本では既に地平線の下にあるため、実際に最も近付いた状態で観察できるのは12月21日の日没後だという。2つの惑星は満月の見かけの直径の約4分の1にまで接近する。望遠鏡を使えば木星と土星に加え、木星の衛星ガリレオも同じ視野に捉えることが可能とのこと。

12月17日時点では2つの惑星の距離が満月の見かけの直径程度だが、その左下に細い月が見えて美しい眺めになるそうだ。ただし、日没後の高度は低く、2時間あまりで沈んでしまうため観察可能な時間は限られる。国立天文台では南西の方角の見晴らしの良い場所での観察を推奨している。

14998845 submission
英国

英政府、巨大テクノロジー企業を規制する新部署「Digital Markets Unit」の設置計画を発表

タレコミ by headless
headless 曰く、

英国政府は11月27日、巨大テクノロジー企業を規制し、デジタル市場の競争を促進する新部署「Digital Markets Unit(DMU)」の設置計画を発表した(プレスリリースThe Guardianの記事[1][2]The Registerの記事)。

オンラインプラットフォームは商取引や社会に大きな利益をもたらす一方、少数のテクノロジー企業に力が集中することによる弊害があることは英国を含む各国で合意が形成されつつある。DMUは競争・市場庁(CMA)に設置され、新たな法規の元にOfcomや情報コミッショナー事務局(ICO)などの規制当局と連携して不正行為を取り締まる。

新たな法規はGoogleやFacebookといったデジタル広告を収入源とするプラットフォームを含む巨大テクノロジー企業が対象となり、消費者や小規模事業者が不利な扱いを受けないよう規制する。DMUは4月から業務を開始する予定で、対象の企業に法規順守を命じる権限や、違反行為に罰金を科す権限などが与えられることになる。英国政府では来年初めにも、DMUの機能や法制度などについて議会の意見を求める計画とのことだ。

14998658 journal
日記

wedgeの日記: フックラライブデー

日記 by wedge

○○(伏字)隠し用途で零士メーターなシールとかないかな。すぐハゲ とれちゃうかな

  *

デレステに追加されたカバー曲が河合荘のアニメのオープニングだということにしばらく経ってから気づいたので(←あまり脈絡がない→)電子版移行前で紙でしか買ってなかった分の単行本を丸ごと買いたした

らその後で、ナントカセールの値引き対象に入っていることに気付いてしまったので、いつか買いたいリスト入りしていたものから対象品を見つけて同じくらい買って気分をごまかす

出版社で設定が違うのか、河合荘は-22%だが後から買ったのは-58%だの-62%だのだったのでまぁいいか

  *

本編はなかなか楽しかったのだが、どうしても最後にあれについてを載せざるを得ないというのがなんともな
あわせて既刊(紙でしか買ってなかった)が安売りになっていたのでまとめ買いしたらファンブックだけ定価で混ざってた

  *

14998604 submission
Windows

PC上でモバイルアプリ、何か使いたい?いらない?

タレコミ by headless
headless 曰く、

MicrosoftがWindows上でAndroidアプリを実行可能にするプロジェクトをまた進めているそうだ(Windows Centralの記事[1][2]On MSFTの記事Softpediaの記事)。

Microsoftは2015年、Windowsストア(現Microsoftストア)アプリを増やすための方策として、4つのWindows BridgeプロジェクトをBuild 2015で発表した。その一つがAndroidアプリのAPKファイルをAppXパッケージに変換してWindows 10 Mobileで動作させるWindows Bridge for Android(Project Astoria)であり、2015年夏ごろにはWindows 10 Mobile Insider Previewにランタイムが搭載されてAPKが直接インストール可能になっていたものの計画は予定通り進まず、その後ランタイムも削除された。2016年1月にはWindows 10 Insider Previewで用途不明なLinuxサブシステム関連ファイルが見つかり、Project Astoriaは終わっていないのではないかと話題になったが、同年2月にはプロジェクトの中止が発表されている。

Microsoftが新たに進めているプロジェクトは「Latte」というコードネームで呼ばれているという。Project Latteの基本的な考えはProject Astoriaと同様で、Androidアプリをわずかなコード変更またはコード変更なしにMSIXパッケージに変換してWindows 10で実行可能にするというものだ。Androidアプリを実行するため、MicrosoftはAndroidサブシステムを提供する必要があるほか、Google Play開発者サービスに依存するアプリを実行可能にするには代替のAPIを提供する必要もある。AndroidサブシステムはWindows Subsystem for Linux(WSL)ベースになるとみられている。

Windows 10では「スマホ同期」アプリを通じてAndroidデバイス上のアプリを表示して操作できるが、対応はSamsung製の一部のモデルに限られる。もしもProject Latteが実現するなら、早ければ来年にも利用可能になるという。M1チップ搭載MacではiPhone/iOSアプリを直接実行可能になっているが、スラドの皆さんはPC上で使いたいモバイル向けアプリがあるだろうか。それとも必要ないだろうか。

14998571 feed

Slashdot: Developer Successfully Virtualizes Windows for Arm on M1 Mac

フィード by slashdotorg-feed
Developer Alexander Graf has successfully virtualized the Arm version of Windows on an M1 Mac, proving that the M1 chip is capable of running Microsoft's operating system. From a report: Currently, Macs with the M1 chip do not support Windows and there is no Boot Camp feature as there is on Intel Macs, but support for Windows is a feature that many users would like to see. Using the open-source QEMU virtualizer, Graf was able to virtualize the Arm version of Windows on Apple's M1 chip, with no emulation. Since the M1 chip is a custom Arm SoC, it is no longer possible to install the x86 version of Windows or x86 Windows apps using Boot Camp, as was the case with previous Intel-based Macs. However, he said in a Tweet that when virtualized on an M1 Mac, "Windows ARM64 can run x86 applications really well. It's not as fast as Rosetta 2, but close."

Read more of this story at Slashdot.


情報元へのリンク
14998564 submission
Windows

Windows 10 21H1は小規模なアップデートとなり、21H2が大規模なアップデートになるという報道

タレコミ by headless
headless 曰く、

Windows CentralのZac Bowden氏が情報提供者からの話として、2021年のWindows 10は春(21H1)が小規模なアップデートとなり、UI刷新などを含む大規模なアップデートは秋(21H2)に提供されると報じている(Windows Centralの記事Softpediaの記事)。

当初のWindows 10は数か月ごとの機能アップデート提供が計画されており、2015年にはRTMに続いてバージョン1511(コードネーム: Threshold 2)がリリースされた。2016年はバージョン1607(Anniversary Update)だけで終わったが、2017年からは年に2回の機能アップデートが提供されている。ただし、2019年2020年はそれぞれ2回の機能アップデートが同じサービシングコンテンツを共有し、秋の機能アップデート(バージョン1909と20H2)はイネーブルメントパッケージを実行して新機能を有効化する小規模なアップデートになっている。

Bowden氏の情報提供者によれば、21H1も同様の小規模アップデートになるとのことで、これが正しければ今後のバージョン2004/20H2の更新プログラムには21H1の新機能が無効化された状態で含まれることになる。

14998546 journal
日記

phasonの日記: CNOサイクル由来のニュートリノを初観測 1

日記 by phason

"Experimental evidence of neutrinos produced in the CNO fusion cycle in the Sun"
Borexino共同研究グループ, Nature, 587, 577-582 (2020).

14998473 submission
情報漏洩

Canon USA、7月から8月に不正アクセスを受けて従業員の個人情報が流出

タレコミ by headless
headless 曰く、

Canon USAは11月25日、7月下旬から8月上旬にかけて同社のネットワークに不正アクセスがあり、従業員に関するデータが流出していたことを明らかにした(Canon USAの発表Softpediaの記事)。

Canon USAでは8月4日にランサムウェア攻撃を確認し、対策を行うとともに調査を進めていたそうだ。同社ネットワークでは7月20日から8月6日の間に不正な活動が確認されており、この間にファイルサーバー上のファイルへの不正なアクセスが行われていたという。ファイルサーバーの調査は11月2日に完了し、2005年~2020年にCanon USAまたは特定の子会社・前身会社・関連会社に勤務していた従業員(現・元)および、その受取人や扶養家族に関する情報を含むファイルへのアクセスが判明したとのこと。

ファイルには個人の名前および、その人の社会保障番号・運転免許証番号・政府発行の身分証明書番号・振込先金融機関の口座番号・電子署名・生年月日のうち少なくとも1つ以上のデータが含まれていたという。Canon USAでは影響を受けた人に謝罪するとともに、Experianの信用情報保護サービスIdentityWorksのメンバーシップ12か月分を無償提供すると述べている。

typodupeerror

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

読み込み中...