パスワードを忘れた? アカウント作成

USB Type-Cは裏表なく接続できるが、裏表の区別はある」記事へのコメント

  • こちら [macnica.co.jp]に技術的な説明がありますが、電源供給ピンの振る舞いを決めるピンのようですね。
    USBはホストが電源供給する決まりになっていて、USB1/2の時代はコネクタ形状の違いでホスト/デバイスを区別していたのが、USB3でコネクタ形状がホスト/デバイス同じになったので、このような仕組みが必要になった、と。

    でも、ピンの汚れ以外にどういう理屈で表裏の違いによって転送速度が変わる可能性があるんだろうか?

    ここに返信
    • Type-CにはUSB 3.x(SuperSpeed TX/RX)信号線が1番と2番の2レーンで8ピンあります。Aには1レーン分4ピンしかありません。たぶんAからくる線を両方に2分配するのが規格通りで、それを端折ったケーブルを裏向きにUSB 3.0デバイスに挿すと無事にUSB 3.0がデバイス側でオープンの端子に繋がってUSB 2.0で繋がるのではないかと。

      • by Anonymous Coward

        ケーブルでは見たことないけど、初期のType-A to C 変換コネクタでは見たことあります。
        表裏変えるとHiSpeedとSuperSpeedが切り替わるやつ。
        まぁそんなの使う人は速度気にしてないだろうし、HiSpeedで繋がっても気が付かないのかもしれない。

    • by Anonymous Coward on 2021年01月12日 17時28分 (#3957167)

      >Type-Cの規格に従って設計している限りは性能差はない
      と言われている通り、まともなケーブルでは性能差は無いと思います。
      では、まともではないケーブルでは何が起きて速度低下するか。
      高速伝送のモードでは、伝搬路のちょっとした品質劣化が速度に大きく影響を与えることがあります。
      信号は差動信号で伝送されるので、(D+,D-のペアが基本)
      そのペアが非対称だったり、他の信号から干渉を受けたりすると
      データが化けてエラー検出で弾かれ、再送起こして見かけ上
      速度低下します。
      裏表で経路が違うので、片方がその点ダメなペアだったりすると速度低下するでしょう。

      「USB3.2 eye」で画像検索すると、興味深い波形を見ることができますよ。

    • by Anonymous Coward

      ただ単に某メーカーのType-A変換付のType-C USBメモリがあるんですが
      こいつがType-A変換の付け方によってUSB2.0互換で動くのとUSB3.0以降互換で動くの2パターンが用意されているため
      Type-Cとして見たときに裏表はない、Type-Aに変換したときに速度とかが変わってくるだけ
      それを勘違いして騒いでる

    • by Anonymous Coward

      クロストークの近端・遠端とか

    • by Anonymous Coward

      原理がよくわからない人がどっちのD+/D-を使うかとかTXn/RXnのペアをひっくり返すのに余計なことをしなきゃいけないからとかで、USB-2.0a/USB-3/DP/TBの速度が落ちるとか思ったんじゃないですかね?
      実際には表裏どちらの場合にでもアナログスイッチが入っているから変わりやしない。

    • by Anonymous Coward

      Super Speed 接続の TX, RX 差動ペアラインが表裏非対称(点対称性が無いといった方いいのかな)になっているのが原因で、Super Speed で繋がるか High Speed で繋がるか状況が変わることがあります。

      表裏非対称なので
      (1) CC, VCONN (Type C CC controller 的には CC1, CC2) の接続状況により表か裏かを判断します(USB type-c 規格用語では orient と言っています)。
      (2)「裏」だった場合、TX, RX 差動ペアの接続を入れ替えます。

      さて、(1) → (2) の時間間隔がハードウエア的な結線で伝達している場合は即時です。しかし、セット全体の設計によっては (1) → (2

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

処理中...