パスワードを忘れた? アカウント作成

過去1週間(やそれより前)のストーリは、ストーリアーカイブで確認できますよ。

408285 journal

Dereliumの日記: 三国志V

日記 by Derelium

IVクリアしたのでVに。

また孫策スタート。厳白虎征伐に苦戦したものの、なぜか、金30000に兵糧12万を溜め込んでやがったため、勝利後、一気に国力がトップクラスに。以後、呉方面を制圧し、ちょいと北から劉備が伸びてきたので、とりあえず同盟。

徐々に国力を上げつつ、劉表攻めで、甘寧など有能な武将を配下に。
すると突如、曹操が李カクに負けて死亡するという事件が発生!
曹昴が後を継ぐも、その直後に曹丕が謀反を起こし離反。
あっというまに曹昴に征伐されるが、この時、曹軍の配下の忠誠度はさがりまくり。そこで、郭嘉、典韋、許猪、司馬懿をヘッドハント!
ウマー!!!!

周瑜、郭嘉、司馬懿のブレイン集団に、大史慈、甘寧、黄蓋、程普、典韋、許猪の名将軍団で、絶好調です。
しかし西には、なぜか劉備より先に蜀を建国してやがる李カクがいる。
北は、
劉備、呂布、曹昴、袁尚(袁紹死亡により)、馬騰、など群雄割拠の状態。

まだまだ安心はできない・・・。

443996 journal

Dereliumの日記: ErnieBallのストーリーに思う。

日記 by Derelium

Ernie Ballのストーリーが上がっていて、まさか/.でErnie Ballという社名を聞くことになるとは思ってもみなかった。

まぁ、ライセンス違反しちまったものは悪い。それに大して正当な対策をとられたのであれば仕方ない。個人的には愛用している弦のメーカーなので、つぶれられちゃ困るけど、弦のメーカーとしては信頼ある大手中の大手メーカーなので、愛用者が「ライセンス違反して晒された会社だから。」というのを理由に購入を見送ることは少ないとは思う。ギタリスト達にはピンとこない話だと思う。

392997 journal

Dereliumの日記: さすがにムリがあったか。

日記 by Derelium

G4 867MHz Dualもとっくに時代に置いてかれたマシンなんですよ。はい。今はなんですか?G5の2GHz Dualです。そうです。もうダブルスコアとか、そういう話じゃないんですよね。

バンドのレコーディングで、さすがにモノラル換算で40トラックを一気に扱おうとするとムリが出てくる。
実際ステレオトラックも多いから、操作的には24トラックくらいなんだけど、処理的にはモノ40トラック。
もう、動作がもっさりもっさり。もっさりがいやだからG4買い換えたのになぁ。

424300 journal

Dereliumの日記: 平和ボンバイエ 1

日記 by Derelium

今日、某駅の改札を出ると、なんか横断幕持ってる若者が3人くらいいる。その垂れ幕の内容にのけぞってしまった。

「学生平和研究所 ボンバイエ」

ぶはははははははははは!

まず学生平和研究所というネーミングセンスのワケわからなさもさることながら、ツボをついたのが「ボンバイエ」だ。
ボンバイエとは、「ぶちのめせ!」とか「やっちまえ!」の意味だ。
だから猪木ボンバイエだったり、アリ・ボンバイエなわけじゃないですか。

「学生平和研究所 ボンバイエ」

どんな平和研究だよ!(w

いや、まてよ?実はこれが防衛や自衛自立を元にした平和を研究してるというのなら、まだわからなくもないか。でも、あの横断幕のデザインの乱雑さは、到底そこまで読んでいるとは思えなかった。

関係者の方いらっしゃったらごめんなさい。卑下したわけじゃなく、単純に笑いのツボ押されまくったのです。

665915 journal

Dereliumの日記: 靖国という場所。

日記 by Derelium

終戦記念日には靖国神社に行った。毎年行くことにしているが、今年も当然の如くいった。あいにくの天気で寒くて空はどんよりしていて、せっかく綺麗な景観を誇る靖国がもったいねぇなぁと思った。

無論、政治的な信条もあり毎年行くんだけど、毎年毎年思うのはその政治や正義といったもの以上に、あの場所の持つ雰囲気やそこにいる人たちの人柄に触れることに意義を感じる。とっても些細なことだけど。

靖国にはちょっとした食堂がある。そこで通常よりも高いうどんやそばを食べる。決してまずくはないが、800円といわれると高い気がしてならないような学食のような味だ。靖国そば。

443975 journal

Dereliumの日記: Gothic+Industrialの密接な関係。

日記 by Derelium

結局、新宿GoldでCD2枚衝動買い。

1つはお気に入り&おすすめなVNV Nationのアルバム。
もう、上品で知的で美しいEBMというかフューチャーポップ。
Depeche Modeの未来系?ブレードランナー的な世界を思わせるシンセにうっとり陶酔。
1つ文句をつけるなら、ジャケがカコワルイ。

もう1つは、ジャケがちょっぴりおしゃれエロかった、よくわかんない、ゴシックのオムニバス。ジャケ買い。
どうも、女性ボーカルのゴス系バンドのオムニバスらしいんだけど・・・玉石混在だねぇ。

中にはエンジニア変えた方がいいんじゃ?と思う音質的に損してるやつとかもあったのと、なーんか垢抜けないのが多いかも・・・と、これゴスか?ゴスっていうのか?ってのもあって、どーにもこーにもなんだけど、気合入ったゴスはやっぱりいいね。

666633 journal

Dereliumの日記: 呂布@蒼天航路 2

日記 by Derelium

久しぶりに蒼天航路の董卓暗殺あたりを読んでいた。
呂布がますます気に入った・・・「悲しい生き物だねぇ。ありゃ乱世に生き残れない種の生き物だぜ。」とは良くいったもんだ。

呂布が董卓を殺害した後に自宅に帰ってからのシーンで、眠る呂布の横
で貂蝉が、「この人のそばに居ても天下のそばに居る気がしない。」
といったあと刺客の貂蝉が切り殺される。
それに気づいた呂布が貂蝉の腕を引きちぎり、口にくわえて、刺客を蹴散らしていくシーン。

あの時、あの時だけ、呂布は涙をこぼしていたのです!
何もしゃべらないし、敵を蹴散らすだけだけど、呂布の純粋な愛情がその涙に凝縮されているのに、感動してしまった。怒りも悲しみも通り越した涙というか・・・。
その後の呂布は、とにかくもの悲しい戦士になっていくけど、あれが全ての発端だったのでは。

typodupeerror

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

読み込み中...