パスワードを忘れた? アカウント作成

こちらは、dotkuwaさんのユーザページですよ。

14196928 comment

dotkuwaのコメント: なぜ、「隠れた例外が残ってしまう」のか (スコア 1) 1

by dotkuwa (#3823501) ネタ元: DXが過去の焼き直しにならない為の案

1.
「例外的な方から一般的な方へ記述する」場合、
例外希少順位第1位  の場合  何々
【上記以外の場合】
例外希少順位第2位  の場合  何々
【上記以外の場合】



【上記以外の場合】
例外希少順位第n-1位  の場合  何々
【上記以外の場合】
例外希少順位第n位  の場合  何々
【上記以外の場合】
一般的  の場合  何々
と書けます。
「例外的な方から一般的な方へ記述する」場合、
それらの行の間には、「【上記以外の場合】」という含意が許され
ます。

2.
これをそのまま、「一般的な方から例外的な方へ記述する」場合、
一般的  の場合  何々
(ただし、例外希少順位第1位から第n位までの条件を除く)
例外希少順位第n位  の場合  何々
(ただし、例外希少順位第1位から第n-1位までと一般的の条件を除く)
例外希少順位第n-1位  の場合  何々
(ただし、例外希少順位第1位から第n-2位までと第n位と一般的の条件を除く)



と書かなければなりません。
この場合には、行の間には、「【上記以外の場合】」という含意は許され
ません。なぜなら、下方向にどれだけの例外が有るか不明だからです。

代わりに各行で「()」に除外する条件をいちいち書く必要が有ります。
 
3.
さらにもっと悪い事に、「一般的な方から例外的な方へ記述する」のが
好きな人に限って、「()」の中を書きたがりません。
ですので、
「一般的な方から例外的な方へ記述する」場合、
一般的  の場合  何々
例外希少順位第n位  の場合  何々
例外希少順位第n-1位  の場合  何々



となります。
もちろん「一般的とは例外希少順位第1位から第n位までの条件以外を言う」
という合意もしません。
これにより、
「一般的」という条件について最大限の信任を得ることは出来るでしょう
けれど、信任されうるのは特定の人間のみです。

前DX時代のリーダーは当人の全盛期を100年生き続ける必要があるのにも関わらず
そうしませんでした。3.の文書のみを残すのであるならば、それだけの
生を全うし、生きたオラクルとして健在であってもらわなければなりません。
そうしないのは不実だと思います。

14195976 journal
日記

dotkuwaの日記: DXが過去の焼き直しにならない為の案 1

日記 by dotkuwa

DXが過去の焼き直しにならない為の案を思いつきました。
 
それは、
・設計資料においても「一般的な方から例外的な方へ記述する」を止める
事です。
 
先日、
・自分が管理しているCentOSのサーバー(Squid)の引き継ぎ資料
を作成しましたが、CentOSのスクリプトは、
・上から下へ設定を1行1行記述する
・プログラム言語のブロック的な制御はほとんどなく、
 行ごとのガード節みたいな記述のみ
です。例えば、
http_access allow 条件(要求元のIP範囲や、要求先のURLなど)
http_access allow 別の条件(同上)
http_access deny all (それ以外は全部拒否)
の様な感じです。
プログラム言語のブロック的な制御が殆ど無い以上、
・例外的な方から一般的な方へ記述する
以外に手は有りません。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

14144618 comment

dotkuwaのコメント: スティグマ(爪痕) (スコア 1) 2

by dotkuwa (#3785598) ネタ元: 問題は文脈自由の貌をしていない

『初手の着想は「見ないで考える」』とは何を言っている
のか?
ですが、
・プログラムを書く事は、どんな些細なプログラム断片でも
 将来を拘束するスティグマ(爪痕)に成り得る。
 いや、成る。
・特に、クラスやインターフェースといった、
 「境界付けられた」プログラミングの要素を用いると、
 将来を拘束し易い。
性質が嫌なのが、言った発端でした。
 
-------------------
 
他分野、例えば会社で物を買った時の「処理」
(いわゆる仕分け)ですが、会計の勉強をした事が無い
自分が付け焼刃でやろうとすると、9割5分はしくじります。
 
では、仕分けを上手く出来る、会計の知識の有る人を
見ていると、着想の仕方のアルゴリズム(1つ1つ
見ながら確認可能)が有るのかというと、
有りそうに見えません。
もし、その様なものが有るなら、一般の人に教えて、
業務分担が出来るはずです。
 
・一般的な原則を習う
・それに則り、審査する。その際、その人は
 「見ないで考えている」!!!
・別に、その様なやり方は、飛びぬけてすごい人が
 出来る訳では無く、年に万人単位で出来る様になっている。
のは事実だと思います。
会計という専門分野がそれで通り、プログラミングという
専門分野は、徹頭徹尾、1つ1つ見ながら確認可能で
無ければならないというのは不自然です。
 
-------------------
 
ただし、もしかすると、これも「モダン」な考えが発端と
なった、理論限界を超えたオカルト的な「改善」がもたらした、
・見た目だけの困難さ
なのかも知れません。
 
・テストを書け
でなく、レガシー的に、
・ユーザーインターフェースを書け、チェックも書け
・ロジックは「クリックボタン押下」イベントプロシージャに
 ちょこちょこっと書くのから始めて、
 その後、リファクタリングでもなんでもすれば良い。
・出来るのであるならば、上流工程を気取って、
 プログラミングで無い、自然言語を使った設計書を書くのも
 良いと思う。これでも『初手の着想は「見ないで考える」』
 を達成できると思う。(ただし大変)
で良かったのかも知れません。
 
とにかく、バブル後に表れた「モダン」は、
全て眉に唾を付けて、考える事が必要かも知れません。
それらは、
理論限界を超えたオカルト、エセ科学
である可能性が、かなり有るからです。
それらを提唱している人間が「レガシー」と言って
良くない物扱いしているものこそ、最終的な中庸なのかも
知れません。

14141172 comment

dotkuwaのコメント: 具体的にどうするか? (スコア 1) 2

by dotkuwa (#3783122) ネタ元: 問題は文脈自由の貌をしていない

プログラミングの初手の着想の仕方は、誰に聞いても
教えてくれません。
せいぜい「とにかくテストを書け」とか、着想とは
ほど遠いアドバイスが受けられるのみです。
これは、
・全世界で、初手の着想の仕方のアルゴリズム(1つ1つ
 見ながら確認可能)が有るのにも関わらず、
 それを知っている誰も(けちで)教えてくれない。
のではなく、
 
・初手の着想の仕方のアルゴリズム(1つ1つ
 見ながら確認可能)は(原理的に)無い。
と考えるべきでは無いでしょうか?
文脈依存の問題は、正規言語の問題よりは簡単でしょう
けれど、困難であり、なぜ困難かと言えば、
見る(アルゴリズム的に1つ1つ確認する)事が
出来ない問題のクラスだからでは無いでしょうか?
 
そうなると、
・初手の着想は「見ないで考える」より無い
のでは無いでしょうか?
#無理やり見ようとすると、眼がチカっとして、
#頭痛がするのがオチです。
 
将棋のラノベで、盤面を複数思い描ける人間が出て
来ますが、同じことをプログラミングでも、
初手の着想の段階では、それをするより無いのでは
ないでしょうか?
 
また、出来ているプログラミングを解読する
時も、「見ないで考える」必要があるのでは無いで
しょうか?
出来ているプログラミングを初めに見るのは、
自分で作るプログラミングの初手の着想を思いつく
のと同等だと思われるからです。
 
いかがでしょうか?

14135616 journal
日記

dotkuwaの日記: 問題は文脈自由の貌をしていない 2

日記 by dotkuwa

昔、河口のそばのサイクリングロードを走っていたら、
カモメがこちらの目の高さで飛んで来て、
「ずいぶん目つきが悪いな」と思った事が有りました。
最近、見知ったツバメが、通勤中の駅前の自分の目の高さまで、
緩降下で降りてきて、緩上昇で戻っていきましたし、
そのツバメが日本を去る際、ひらひら飛んでいたのが、
自分の顔の横でいきなり急加速をして、去っていきました。
(その際、ライトセーバーを振った様な音が聞こえました。
 初めは「危ない奴だな」と思いましたが、
 後から考えると、別れの挨拶だったのかなと思いました。)
また、自分では無いですが、ハトが、歩いている人と
同じ目の高さに飛んで来ているのを何度も見たことが
有ります。
 
鳥が同じ目の高さで飛ぶのは、もしかすると、
・仲よくしよう!
という意思表示なのかも知れません。

14129910 journal
日記

dotkuwaの日記: 自由度の先食いによる「判り易さ」

日記 by dotkuwa

先日、とある銀行の手続きを、郵送で行いましたが、
書き方を間違え、二重線を引いて訂正印を押し、訂正後の内容を
書き足しました。
 
判り易く、非常に助かりましたが、
★これが、もし、入力手続きの簡略化、バックオフィスでの事務
 簡略化を担当している人間だとしたら、
 悪夢以外の何物でもない
★多分、簡略化で使うプログラムのテストの難易度は上がる
 のではないか?
と思いました。
 
一つの着目点(この場合は、記入の欄)に、いろいろな、予期しない
ものを詰め込む事になるからです。
 
よく、『モダンな』プログラムが、「より判り易く」なる、と
主張する事が有ります。
多分、それは事実なのだと思いますが、この分野では、ハードウェアの
様なフリーランチは、既に絶えて久しいと思います。

14125373 comment

dotkuwaのコメント: Re:結局 (スコア 1) 13

by dotkuwa (#3771789) ネタ元: 自動テストを達成するためには

>昔はせいぜいSEとPGにしか分かれていなかったのを、
>もっと仕事を細分化専門化することでスキルマッチしやすくし学習コストを下げることを目的としています。
 
でしたら、
「いいからテストを書け」で無く、細分化専門化を推進し、その後(それが成った後)
に「さぁ、この階層の人がテストを書け」になるのが良いと思います。
 
Long live testing!

14125348 comment

dotkuwaのコメント: Re:テストは仕様書兼指示書 (スコア 1) 13

by dotkuwa (#3771785) ネタ元: 自動テストを達成するためには

それはおかしいですよ。
 
プログラマー(後の下流側)にオーナーシップ(当事者意識、自分ごと化)
を丸ごと持たせると、間違いなく舞い上がってしまうので、
上流側と下流側に分けて、互いにけん制する様にし、
下流側はプログラミングを得、上流側がオーナーシップを受け持った訳で、
 
テストドリブンにしたいだけの為に、さらにオーナーシップを別の人間に
渡す必要は無いと思います。上流側は(ピペドならぬ)エクドやワードなので、
舞い上がり様が無いからです。
もちろんテストドリブンが絶対的な善なら、有り得ますが、
どうひいき目に見ても一得一失にしか見えません。
 
オーナーシップは金銭でも地位でもなく、やり遂げる事が出来る能力なので、
会社(歴代の経営層あるいは部門トップ)に渡して何になるのか、
さっぱり分かりません。

14124512 comment

dotkuwaのコメント: Re:いえちがいますよ? (スコア 1) 5

by dotkuwa (#3771188) ネタ元: 根本的な座組を変えないとダメでは?

そうかもしれませんが、自分ら(もっと言えばこれを書いている自分)
にとっては強制以外の何物でも有りませんでしたし、
 
自分の書いている記事のコメントをなさっている方(あなたかも知れません
が判りません)も、V字型モデルの頭で、コメントを書かれているとしか
思えない箇所もいくつか見られます。
 
忖度ってやつですかね。。。

typodupeerror

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

読み込み中...