パスワードを忘れた? アカウント作成
309795 journal

greenteaの日記: トゥでん「僕と契約して原発都市になってよ」

日記 by greentea

# 不謹慎ネタ注意。

トゥでん「今のはマズかったよ、つなみ」
トゥでん「よりにもよって、非常用ディーゼルエンジンを流すなんて、どうかしてるよ」
トゥでん「普段はこんな大きな地震が来ることはないから、こういう事故は滅多にあることじゃないんだけど」

トゥでん「僕は原発都市になってくれって、きちんとお願いしたはずだよ?」
トゥでん「大津波が来ると何が起こるか、説明を省略したけれど」
トゥでん「訊かれなかったからさ。知らなければ知らないままで、何の不都合もないからね」
トゥでん「事実、津波で流されたマミでさえ最後まで気づかなかった」

トゥでん「君たちはいつもそうだね。事実をありのままに伝えると、決まって同じ反応をする」
トゥでん「訳が分からないよ。どうして人間はそんなに、放射線量にこだわるんだい?」
トゥでん「そもそも君たち人間は、放射線の存在なんて、最初から自覚できてないんだろう?」

ほむら「前もって話しても、信じてくれた人は今まで一人もいなかったわ」
ほむら「あいつは酷いとさえ思っていない。人間の価値観が通用しない生き物だから」
ほむら「何もかも補助金の正当な対価だと、そう言い張るだけよ」
ほむら「福島人が一生を費やして納税しても、あの町にあんなにお金が入る日は来なかった」

トゥでん「勘違いしないで欲しいんだが、僕らは何も、福島県に対して悪意を持っている訳じゃない」
トゥでん「僕たちの文明は、放射性物質の分裂を、エネルギーに変換するテクノロジーを発明した」
トゥでん「ところが生憎、当の僕らが土地というものを持ち合わせていなかった」
トゥでん「そこで、この日本の様々な都道府県を調査し、福島県を見出したんだ」

トゥでん「僕たちはあくまで君たちの合意を前提に契約しているんだよ?」
トゥでん「それだけでも充分に良心的なはずなんだが」
トゥでん「騙すという行為自体、僕たちには理解できない」
トゥでん「認識の相違から生じた判断ミスを後悔する時、何故か人間は、他者を憎悪するんだよね」
トゥでん「君たち人類の価値基準こそ、僕らは理解に苦しむなあ」
トゥでん「これでも弁解に来たつもりだったんだよ?」
トゥでん「君たちの犠牲が、どれだけ素晴らしい物をもたらすか、理解して貰いたかったんだが、どうやら無理みたいだね」
トゥでん「東京のために死んでくれる気になったら、いつでも声をかけて。待ってるからね」

ほむら「ヘリ放水には、本当に福島県を救える望みがあったの?」
トゥでん「まさか、そんなの不可能に決まってるじゃないか」

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

読み込み中...