パスワードを忘れた? アカウント作成

Nature誌など、子宮頸がんワクチンの安全性を訴えていた医師にジョン・マドックス賞を授与」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2017年12月04日 18時51分 (#3323157)

    村中氏のWedgeの記事はこちらで読めます。

    http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5510 [ismedia.jp]

    医師として、個人的には全面的に村中氏の意見に賛同しておきます。小児科でも産婦人科でも感染症内科でもない私ですら、ワクチンと無関係にあの手の症状の患者がごまんといることくらいは知っています。

    ここ数年に限っても、「放射線と発がん」「地下水の汚染と発がん」「印刷会社勤務と胆管がん」「インフルエンザと飛び降り」と、定期的にこの手のデマが既成事実であるかのようにマスコミから湧いてきて、殆ど訂正されません(ごく小さい10行くらいの後追い記事が出ることはあるのですがほぼ注目されません)。全国民を敵に回してこんなのと毎回戦ってたら精神力がいくらあっても足りないので、匿名で応援せざるを得ないのですが、こういう人には頑張って欲しいと思っています。

    ここに返信
    • by ma_kon2 (9679) on 2017年12月05日 8時47分 (#3323457) 日記
      サムスン電子の半導体工場のフッ素中毒っぽいのはどうなんでしょうねえ。
      10年間で80人,というのも多いのか少ないのか。
      日本と比べ対策がずさんだったとして,
      おこったミスに対しての被害は「こんなもん」レベルだったのかもしれず。
      リスクゼロ神話,というのも問題なんでしょうなあ。
      マスコミも印象重視で因果関係無視で騒ぎ出すから,たちが悪いというか。
    • by ma_kon2 (9679) on 2017年12月05日 9時00分 (#3323466) 日記

      記事のここが酷い(本当に多用してたら,ではあるが)。

       処方箋に記載された薬の名前はメマリー。昨年の線維筋痛症学会で衝撃を受けたのは、「十分な治験が行われておらず危険なワクチン」との主張を繰り返している西岡氏らが、10代の少女たちにメマリーやアリセプトなど高齢者の認知症治療に用いられる薬を多用していると知った時だ。

    • >医師として、個人的には全面的に村中氏の意見に賛同しておきます。

      2つの点で疑問があります。

      ・仮に百万人が救われたとして、現実に出ている、そして今後出てくるであろう副反応被害者に対して「心因反応だから」「思春期特有の精神状態の影響」などという、エビデンスが出しようもない(本人の意思疎通が困難な場合もあるので)ケースが多々出てる患者に対して、個人の気質のみの問題であるかのように切り捨てていいのか?

      ・副反応・もしくは何らかの症状が発生するメカニズムの解明は着手されたばかりで、今後の追試や研究で明らかになる部分が大半を占めてはいるものの、ある種の患者層には共通の遺伝的な因子があって、それを検証し始めた途端に、村中氏が当該研究者個人への誹謗中傷を声高に行って裁判沙汰となってるのですが、それは倫理上正しいと考えますか?

      つまり、村中氏は…ワイスのワクチンマネージャを務められていた中村理子氏であるとの説がありますが…、倫理的に拙い行為をくりかえししてきてて、このような行為から導き出された主張を容認するということは、あなたの医師としての倫理観のなさを主張されてるのと同じだと思うのですが。

      --
      --暮らしの中に修行あり。
      新しいblogはじめました。 [hateblo.jp]
      • by Anonymous Coward on 2017年12月05日 20時17分 (#3323922)

        > 百万人が救われたとして~個人の気質のみの問題であるかのように切り捨てていいのか

        うーん、まず貴方は、「なぜ殆どの科学者は病気の原因として長く信じられてきた"狐憑き"説を切り捨てるのか」とか「HPVワクチン問題と水俣病問題の決定的な違いがどこにあるのか何なのか」といった病因学の基本的問いにすっと論理的に回答できますか? 過去に多くの実在の薬害や公害事件を経験してきた医学界が今回はかなり強固に因果関係を否定している現実を、基礎も知らぬ人が「切り捨て」だのと呼ぶのはあんまりだと思います。(なお、現実問題として症状をワクチンのせいにすることで精神的・経済的救済が得られる母娘がいることは、誰も否定していません。最低限、客観的な病因学と情とを切り分けて考えることくらいはしてください。)

        > 裁判沙汰となってるのですが、それは倫理上正しいと考えますか?

        村中氏が原告になって誰かの言論を封殺しようとしたならジャーナリストの態度としてはどうかとも思います。しかしこの人は訴えられた側ですので、それ自体は特に何とも思いません。まさかとは思いますが、「被告になる奴はみんな悪だ」とか小学生並のピュアさで主張している訳ではありませんよね。それより大事なのは意見の具体的内容です。もっと直接・具体的に、村中氏の意見のここが科学的誤謬だと指摘してくれないと、私もやりがいがありません。

        非専門家ほど、経歴や国籍や家族構成や性格といった本質外の下世話な話で物事を判断する傾向があります。私もNatureやWHOの中の人も、経歴を見ないと人の専門的意見の正しさを判断できないような素人ではありませんから、それを踏まえた上でご意見ください。上から目線で申し訳ないですが、(私はともかく)WHOやNatureの倫理感すら貴方は馬鹿にしているのだということはご理解ください。

      • by Anonymous Coward on 2017年12月05日 22時15分 (#3323999)

        「個人の気質のみの問題であるかのように切り捨てて」いるわけじゃないですよ。
        「心因性の疾患の可能性が高いのだから、心因性の治療をした方が良い」と、解決策を示してるんですよ。
        単にその解決策が、母親にとって気に入らない物だった、反ワクチンカルトにも都合が悪かった、と言うだけの話で。

        「ワクチンの副作用」である以外に「心因性」の可能性があるのなら、
        本当に少女たちの幸せを望むのであれば、
        あらゆる可能性を試して治療にあたるべきだと思いませんか?

    • by Anonymous Coward on 2017年12月04日 19時11分 (#3323167)

      あ、念のためですが「放射線と発がん」については因果性がないと言っているのではないです。むしろ全身1000mSvとか全脳40000mSvとか行けば明確に発がん性があることは分かっているのですが、例えば数mSvの内部被曝といった、一般的国民が現実的に被曝したかもしれないレベルの話であれば、ほぼ健康への影響は観測できないほど小さい、という意味です。

      しかし抗議が殺到して連載を連載を全部切られたりしたそうで、一部の人間の思い込みクレームって本当怖い…。

    • by Anonymous Coward

      印刷会社勤務(1,2-ジクロロプロパン)と胆管がんの因果関係は素人目には十分ありそうに思うのですが、何か否定できる情報をお持ちなのですか?

      • by Anonymous Coward on 2017年12月04日 22時30分 (#3323308)

        例えば数千万件の診療報酬の内容を後ろ向きに確認したこの調査では、有意な相関関係は否定されています。少なくとも当時騒がれたような数百倍とかのリスク上昇はありません。
        https://www.jstage.jst.go.jp/article/joh/advpub/0/advpub_13-0067-BR/_article [jst.go.jp]

        この論文に関する記事は当時の産経新聞にあったはずですが、ほんの数行で、あれだけ誤報しまくってたのと比べて全く見合わない量でした(URLが残っていますがリンク切れ)

        • by Anonymous Coward

          ありがとうございます。
          論文中にも記載がありますが、協会けんぽのデータだけなので問題となった事業所の症例は含まれていないようですし、エビデンスとするにはちょっとイマイチな印象です(印刷業界に従事している人間がすべからく有機溶剤に暴露される現場作業員であるはずがありませんし、後ろ向き解析ですし)(素人の感想です)

          当該事業所は印刷品質向上のために締め切った作業場であったという特殊性があるため、そこから推定したリスクが大きい数字になることは仕方がないと思います。
          それを印刷作業員のリスクとして一般化するのは問題があるという指摘であればそのとおりだと思いますが...

          厚労省は胆管がんと業務との因果関係を認めていますね。
          http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002x6at.html [mhlw.go.jp]

          • by Anonymous Coward

            はい、相対リスク数倍程度の因果関係なら普通にあっても良いだろうと思っていますが、そういうのはよくある職業病の範疇です。放射線もワクチンもそうで、低い何らかのリスクはあるのですが、あくまで「マスコミがあのように連日大騒ぎして不安を煽るレベルにはない」という量的な話です。うちにも当時の報道を見て「家族が印刷業従事していたので今すぐMRIを受けさせたい!」と泣きそうな感じで相談して来る人がいましたが、そういうことではありませんよ、と。

    • by Anonymous Coward

      ジクロロプロパンは特定化学物質に指定されましたが,それでもデマなんでしょうか?

      • by Anonymous Coward on 2017年12月05日 0時03分 (#3323358)

        とりあえず、そもそも「この国は、マスコミの報道圧力に負けて、なぜか医学的に全く正しくない、プロ市民の御機嫌取りだけが目的みたいな行政が起こることがあるよねー」っちゅう話をみんなでしている時なので、行政判断を根拠にデマかじゃないとか言うのはどうなのかと…。それ言い出すと頸癌ワクチンの危険性やタミフルの飛び降りも国が認めたから真実ということになってしまいます。

        で、胆管癌についてはマスコミが当初の報道で「800倍のリスク」と断定的に報道して世の中の印刷業従事者を絶望させたことに関しては、今でもデマだと思っています。報道があってから1年くらいで忘れていたのですが、今調べた感じだと、「例外的に高い発症率があった施設では確かに例外的に高濃度だったし、動物実験でも胆管癌が出たから、何らかのリスクはあると推定しましょう」っていう結論になっており、今でも散発的に職業性かもしれない症例の報告はあるっぽいですが、普通の環境の印刷業従事者でどの程度危ないのかについては、これ [jst.go.jp]以外で大きな統計はまだ発表されてない状況のようです。

        • by Anonymous Coward

          AC#3323157、#3323308、#3323364、#3323358の誰か(同一?)は、挙げてある論文著者の一人なのでしょうか。。
          別AC#3323354が指摘している1,2-ジクロロプロパン暴露と印刷会社勤務の違いを一緒くたにした傾向とか違和感しかないです。

          1.体内での(負の)代謝活性化により1,2-ジクロロエタンは発がん性を示すとされます。
          2.そのお友達(メチル基が一つ増えた)1,2-ジクロロプロパンも当然、体内の代謝活性化により発がん性を示すと考えられます。
          3.子宮頸がんワクチンやタミフルに関しては国が認めたわけではなく、審査するために「一旦止めた」だけで、1,2-ジクロロプロパンとは完全に異なります。

          自分の主張を変え難いのは誰しも持つ感覚ですが、玉石混交で変なことを言い続けることが最初の指摘#3323157のようにデマとして拡散するわけですが。。

ソースを見ろ -- ある4桁UID

処理中...