パスワードを忘れた? アカウント作成
16656965 story
ロボット

「生きた肌」を持つ指型ロボットを日本の研究チームが開発 35

ストーリー by nagazou
ゾンビっぽくなりそう 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

東京大学大学院の研究チームが、「生きた皮膚を持つ指型ロボット」を開発した。人の皮膚細胞から作成された培養皮膚を被覆素材としたロボットは傷ができても修復できるとのことのこと(東京大学GIGAZINE)。

ロボットがヒトと協働する時、ロボットは人間やロボット自身を接触から守るために皮膚のような柔らかい外装を持つことが求められているが、ロボットが傷を負うたびに回収して修理を施すのは非常に大きなコストがかかる。
本研究では人の皮膚から単離された細胞を培養し、増殖させる事で作製した「培養皮膚」 を用いて立体物を被覆する手法を開発し、生きた皮膚で纏われた世界初のロボットを作製したとのこと。
現時点では水分や栄養分を補給する仕組みを持っていないので、まだ培養液の外では長持ちしないらしい。

これが進化するとT-800的なものができるのか。それとも自己修復、自己増殖、自己進化の方向に進むのだろうか。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 手NGA (スコア:3, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2023年06月14日 16時43分 (#4477552)

    開発されるんかな

    • by Anonymous Coward

      人工ハンドでマッサージされたい

      いや、そっちじゃなくて普通に肩とか腰とか首筋とか。連勤が続くともう辛くて

      しかしマッサージロボットってのは開発されないもんなのだろうか
      椅子型じゃなくて普通にベッドにうつ伏せの患者を揉んでくれるようなタイプの。
      ヒトがやるマッサージは10分1000円以上の料金取れるんだから開発したら採算取れるんじゃないかと思うんだけどなあ

      • by nemui4 (20313) on 2023年06月15日 15時26分 (#4478277) 日記

        >しかしマッサージロボットってのは開発されないもんなのだろうか
        >椅子型じゃなくて普通にベッドにうつ伏せの患者を揉んでくれるようなタイプの。

        椅子型のやつが一般的ですが、けっこう高級そうなやつでも使ってみると気分が悪いというか耐えられなくて途中でリタイアすることが多いです
        なんでだろう?

        人にやっていただく場合は気持ちがいいのが多いのですが
        たまに問答無用な感じの中国の方にやられると気持ち悪くなってリタイアしてしまいます

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        製品化はまだされていないようだが、こんなのご要望で?
        https://i-riccoh.com/info/?id=116 [i-riccoh.com]
        https://i-riccoh.com/info/?id=331 [i-riccoh.com]
        https://newswitch.jp/p/20694 [newswitch.jp]

        # これだと一般家庭用としては難しいかな。
        # これの指を今回のに置き換えられればさらに良くなるのかな。

    • by Anonymous Coward

      手玉獲られるんですね((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

    • by Anonymous Coward

      次は生きた粘膜ロボットの開発が待たれるな

      • by Anonymous Coward

        ミミズ千匹というし、ヒトの皮膚よりも……

  • ボーグに皮膚を移植されたシーンを思い出した。

    皮膚感覚をロボット(アンドロイド)に持たせると、反旗を翻らせられるかもしれない
    (作中では、と見せかけて、ここぞという場面でボーグに対抗していましたが)
  • by Anonymous Coward on 2023年06月14日 16時14分 (#4477538)

    素直に義手や義足につかわれるんじゃないの

    • by Anonymous Coward on 2023年06月14日 17時01分 (#4477565)

      義手か。
      テロメアの限界とか考えると自分の皮膚から培養するより若い人の皮膚から培養した方が効率的だよね。
      どうせなら品質的な意味でキメの細かい女性のものが良いと思う。
      # 深い意味は無い。ナニもしようとしてない。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      先に義足の間にあるやつ

      • by Anonymous Coward

        神経も作らないとだめだな

      • by Anonymous Coward
        皮まで忠実に再現しないでください
      • by Anonymous Coward

        もう一個付けたら、なんと奇遇な

  • 家畜から家畜、家畜から人間への感染が危惧されて処分されるように
    ロボットから人間へ感染が危惧されて外皮をひっぺがされるとか、
    ”令和XX年度版ワクチン適用済証”とか貼られるのだろうか?

    • >現時点では水分や栄養分を補給する仕組みを持っていないので、まだ培養液の外では長持ちしないらしい。

      ということなので外部から供給するんだろうけど、これが仮に内臓したパイプで供給することにしたらヤバそう。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        後のメタルKである

      • by Anonymous Coward

        触覚がないから虫に刺されても気づかない。免疫機構がないから皮膚病になりやすいとか起きたりしないかなと。
        外部から培養液を供給する時に皮膚科医ロボットに診てもらうようになるのだろうか。

        • by Anonymous Coward

          コールタールを塗り続けて皮膚がんを発生させるんですね

          # それなんてウサギの耳(標本の写真があるので閲覧注意)
          # https://museum.umic.jp/yamagiwa/works01-1.html [museum.umic.jp]

          東北帝国大学農科大学(札幌にあった、のちに北海道帝国大学農科大学になる)出身の市川は、山極先生の指示どおり、ウサギの耳にコールタールを忍耐強く塗擦し(山極先生は、機械的な刺激も加えるという意味で、「塗布」よりも「塗擦」という言葉を好んだ)続けた。実験は成功し、山極・市川の連名で大正4年9月25日の東京医学会に発表された。

      • by Anonymous Coward

        >内臓したパイプ
        通常なら誤変換だと断じるところだがこの場合微妙な気がする
        内臓を動詞として使えるかはあるが

        • 皮膚は外臓

          • by Anonymous Coward

            皮膚へ培養液を供給するパイプ(人体なら血管相当?)や
            タンク(人体なら肝臓相当?)ははたして外臓か

            • by Anonymous Coward

              皮膚は外臓、肝臓は内臓、血管は臓器ではない。
              なので、タンクは内臓で、パイプは臓器ではない。
              # で、いいんだよね。

              • by Anonymous Coward

                臓器(器官)とは体の構造単位を示すもので、皮膚も肝臓も血管も臓器と言える。
                そして内臓は臓器の内、体内にあるものを示すので肝臓はもちろん血管も内臓と言えるはず。

  • by Anonymous Coward on 2023年06月14日 17時19分 (#4477574)

    人間の場合、肌(皮膚)って死んだ細胞じゃないかな。
    死んだ細胞が硬くなって一番外側に押し出されているから、軽くひっかいたくらいじゃ痛くない。

    同じように、爪や髪の毛も刃物で切っても痛くない。

    培養皮膚は生きてる?

    • by Anonymous Coward

      正確に言うと奥から押し出されてくる 常に再生産されてる 再生産されないと中がむき出しになる

  • by Anonymous Coward on 2023年06月14日 17時23分 (#4477578)

    自己修復するにしても、何にも材料が無いところからは難しいから、世界中のいたるところに何十億と在る素材を使うのだろうか?

    • by Anonymous Coward

      夜な夜なおにぎりを作って後ろの口から摂取するんじゃない?

      • by Anonymous Coward

        夜は前から後ろから下からタンパク質を摂取すれば効率がいいかもしれませんね。
        cf.食わず女房 [wikipedia.org]

  • by Anonymous Coward on 2023年06月14日 18時09分 (#4477612)

    皮膚ってのは怪我ややけどはその内治るって利点があるけど、問題点も多い。

    • 老廃物(垢)が出る。
    • なめらかなプラより汚れの掃除はしにくい。石鹸を使わないと不潔の部類。
    • 栄養等の供給が必要。それなら都度張り替えれば良くない?
    • 限度を超えた損傷には耐えられない。
    • ゴム手袋や革手袋と比べて頑丈さには欠ける。
    • 取り外して洗えない(革と同等・布に劣る)。

    要は意外にメンテナンスフリーじゃないという。
    せっかく義手なりに人工皮膚作るなら、穴から汗的に洗浄液なり石鹸なり出して自動洗浄出来たら便利かなと思った。

  • by Anonymous Coward on 2023年06月14日 21時07分 (#4477731)

    映画『私が、生きる肌』予告編映像
    https://www.youtube.com/watch?v=GQLX3PdViI8 [youtube.com]

    とは言えT-800型の時代が来たな、
    https://ja.wikipedia.org/wiki/T-800 [wikipedia.org]

    • by Anonymous Coward

      スナッチャーの時代設定は2042年

  • by Anonymous Coward on 2023年06月14日 23時36分 (#4477800)

    自己修復じゃなくて自己再生って言ってたような。同じことだけど。
    ところで指紋はどうなるんだろう。

typodupeerror

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

読み込み中...